疑問 / 問題

私が国際結婚で苦労した4つのこと!後悔しないために重要なことは?

私が国際結婚で苦労した4つのこと!後悔しないために重要なことは?

国際結婚って大変だし、苦労しそうね…後悔していない?

国際結婚は本当に苦労するのか?
MAKO
MAKO
はい、大変ですよ(笑

色々な方からよく聞かれるのが、『国際結婚って大変でしょ?』ということです。

日本人との結婚も、国際結婚も、両方経験した私の個人的な意見ですが、『国際結婚の方がいろいろと大変だなぁ』と感じています。

国際結婚をする前から、苦労すると分かっていたこともあれば、国際結婚して初めて分かった大変な部分もありますね。

また、一般的に広く認知されている苦労もあれば、その場面になってみないとわからない苦労もありました。

日本人
日本人
国際結婚で後悔したくないから、苦労する部分を教えてほしいな!

この記事では、これから国際結婚をする方向けに、国際結婚で苦労するであろう部分を、4つの観点からお伝えしていきます。

この記事でお伝えしたいこと

◆ 国際結婚をして、日常生活で苦労することは?

◆ 国際結婚をして、金銭面で苦労することは?

◆ 国際結婚をして、夫婦関係で苦労することは?

◆ 国際結婚をして、人間関係で苦労することは?

国際結婚は、日本人同士との結婚よりも困難な分、国際結婚を後悔する人も少なくありません。

しかし、国際結婚は、日本人同士の結婚では味わえないような、素晴らしい経験ができることも事実です。

事前に国際結婚の苦労を知っておき、事前に苦労の芽を摘んでおくことで、国際結婚を後悔せず、素晴らしい結婚生活を送れるようになるはずですよ。

KEY
KEY
ぜひ最後までお付き合いくださいネ♪

1.国際結婚して、日常の生活で苦労すること

国際結婚して、日常の生活で苦労すること
MAKO
MAKO
国際結婚ならではの、日常生活で苦労するポイントを、3つお伝えします!

(1)行政手続きが多い

国際結婚して、日常の生活で苦労することは、行政手続きが多いこと

一つ目のポイントは、行政手続きの多さでしょう。

国際結婚をすると、日本人同士の結婚に比べて、行わなければいけない行政手続きが格段に多くなりますね。

たとえば在留資格(いわゆるビザ)関連の手続きは、日本人同士の結婚ではゼロ! 外国人ならではの行政手続きになります。

他にも、婚姻手続きは日本だけでなく、相手国でもしなければいけないとか、必須ではありませんが、通称名の登録をどうするのかなど、国際結婚ならではの行政手続きは非常に多いのです。

初めての手続きばかりですから、戸惑ってしまうことも多いでしょう。

(2)法律の知識が必要不可欠

国際結婚して、日常の生活で苦労することは、法律の知識が必要不可欠なこと

国際結婚では行政手続きが多い、ということを紹介したのですが、ここには色々な法律の知識が必要になります。

MAKO
MAKO
お互いの国で婚姻届を提出しなければいけない!ということを知らなければ、そもそも手続きすらできませんよね?
日本人
日本人
なるほど…たしかにその通りですね。

国際結婚の場合には、『●●しなければダメ!』なんて、だ~れも教えてくれません。意外と市区町村役場の方も、詳しいことを知らなかったりします(笑

国際結婚をするのであれば、最低限の法律の勉強は必要になると思いますよ!

次の2つの法律については、簡単に内容を見ておいたほうが良いでしょう。

入管法を学ぶと、外国人パートナーの在留資格に関する知識を習熟できます。

国籍法を学ぶと、お子さんの国籍に関する知識を学ぶことができます。

MAKO
MAKO
ぜんぶをしっかり見るのではなく、サーッっと流し読みするだけで大丈夫です。
KEY
KEY
本当に必要な時に、『どこに』『なにが』書いてあったのかを思い出せれば十分ですネ♪

(3)日常言語をどうするのか?

国際結婚して、日常の生活で苦労することは、使用する言語をどうするのかということ

国際結婚をする上で、言語の問題は避けて通ることができません。

  • 夫婦間の会話は、どの言語で行うのが良いのか?
  • 子供との会話は、どの言語で行うべきなのか?
  • パートナーの日本語力向上のためには、どうすれば良いのか?

日本で生活するうえでは、日本語がベースになると思いますが、将来を考えると、パートナーの国で話されている言語も使えるようになる必要があります。

海外移住の可能性もありますし、パートナーの親族とのコミュニケーションを図るためにも、外国語を勉強した方がベターでしょう。

KEY
KEY
国際結婚すると、法律と言語の勉強が必要になるんですネ!

2.国際結婚して、金銭面で苦労すること

国際結婚して、金銭面で苦労すること
MAKO
MAKO
ここでは、国際結婚で問題になりやすい、金銭面での苦労を3つお伝えします。

(1)婚姻関連では、とにかくお金がかかる

国際結婚して、金銭面で苦労することは、結婚関連費用でかなりの資金が必要になること

私が国際結婚して金銭面でいちばんビックリしたことが、妻と結婚するために、『今までの貯金がすべて吹き飛んだこと』です!

国際結婚はお金がかかると聞いていましたが、まさかあそこまでとは…

婚姻関連で発生するお金は、大きく分けて次の2つをイメージしてください。

  • パートナーの親族関連のお金
  • 結婚式のお金

パートナーの親族関連のお金は、それなりにかかってきます。

結納金を支払ったり、日本へ招待したりなど、国際結婚ならではの出費が多いのです。

MAKO
MAKO
とくにアジアでは、まだまだ結納金文化が残っていますよ!

また、国際結婚の場合には、結婚式を2回やることも多いです。

私と妻も、日本では本格的な結婚式を行い、中国では簡素な食事会形式の結婚式を挙げました。

メインは日本での結婚式で、ここには彼女の親族を5人、中国から呼びましたので、かなりまとまった出費になりました。

親族とのリレーションシップを図り、パートナーとの良好な信頼関係を構築するためにも、結婚関連の出費はケチらない方が良いと思います(笑

(2)結婚生活でも、国際結婚はお金がかかる

国際結婚して、金銭面で苦労することは、ふだんの生活も国際結婚はお金がかかること

結婚生活が始まっても、国際結婚の方がお金がかかる場面は多いです。

とくに、パートナーの方が初めて日本に来られるケースでは、来日当初、多くのお金がかかることは覚悟しておきましょう。

MAKO
MAKO
一種のイニシャルコスト的な費用がかかるということです。

たとえば、日本語学校で日本語を勉強するための費用、自動車の運転免許証を取得するための費用、日本語を習得してアルバイトをするまでの生活費用などですね。

また、経常的に発生する一種のランニングコスト的な費用もあります。

  • ビザの取得・更新費用(主に行政書士費用)
  • 里帰り費用

外国人が日本に長期滞在するためにはビザ(在留資格)が必要で、この更新手続きが定期的に必要になるんですよ。

永住ビザへの変更や、帰化する場合には、自力でも手続きは可能なのですが、許可率を高めるために行政書士を利用することが一般的です。そうすると、行政書士への報酬も必要になりますね。

国際結婚をすると、里帰りの費用が家計を圧迫する

また、年に1回は、パートナーを母国に帰してあげた方がよいでしょう。

 

往復の交通費だけではなく、お土産代なども含めると、意外とバカにならない出費になります。

MAKO
MAKO
私は中国なのでそこまででもありませんが、ヨーロッパへの里帰りなどは、かなり大きな出費になるようです。

(3)将来の年金について知っておく

国際結婚して、金銭面で苦労することは、将来の年金受給額が少なくなるだろうということ

国際結婚をしたカップルの多くは、将来の生活に不安を抱えています。

将来どこの国で生活するのか、両親の面倒はだれが見るのか、そして『老後資金はどうするのか』などですね。

MAKO
MAKO
老後資金、とりわけ将来の年金については、不安感を持つ国際結婚カップルが多いようです。

日本人同士の結婚の場合、基本的には生活ベースは日本ですし、年金も日本に支払い続けることになります。そうすると、ある程度老後資金について、予測しやすくなりますよね?

ところが、国際結婚になると、次のような年金の問題が生じてくるのです。

  1. パートナーが今まで年金を支払ってこなかった可能性
  2. 将来の生活基盤が日本以外になる可能性

①についてですが、外国人はビックリするくらい、国民年金保険料を納めていません。

パートナーが企業に勤めて、厚生年金に加入していなければ、国民年金を支払っていない(免除等含む)ことを覚悟したほうがよいでしょう。

一応、追納制度があるものの、追納制度を使って納付できるのは2年前までですから、将来受給できる年金額が大幅に増額されることはありません。

また、②についても知っておく必要があるでしょう。

将来、海外に居住する場合、外国人でも日本の年金を受け取ることができるのか?また、あなたのパートナーの母国の社会保障制度はどうなっているのか?など。

日本人
日本人
ここまで考えておくのって、けっこう大変ですよね…

でも、ここまで考えておかないと、老後になって困ることになりかねません。

老後の資金をどうするのかについては、年金受給以外の手段も含めて、パートナーの方とよく話し合っておきましょう!

3.国際結婚して、夫婦関係で苦労すること

国際結婚して、夫婦関係で苦労すること
MAKO
MAKO
ここでは、国際結婚して苦労するポイントを、夫婦関係という観点から3つご紹介します。

(1)将来のビジョンを一致させるのは難しい

国際結婚して、夫婦関係で苦労することは、将来のビジョンを一致させることがむずかしいこと

国際結婚のカップルが、将来のビジョンを完全に一致させ、共有することはとても難しいです。

どこの国で生活するのか、お互いの両親の面倒はだれが見るのか、永住ビザは取得するのか、子供はどのように育てるのか?

日本人同士の結婚に比べ、より多くの議論を重ねなければいけません。もちろん、完全に納得がいくことは少なく、お互いに我慢や妥協をせざるを得ない場面も多いでしょう。

MAKO
MAKO
結婚前に将来ビジョンについてじっくり話しあうことが、国際結婚の成功の秘訣だと思います。

(2)やっぱり価値観は日本人とは違います

国際結婚して、夫婦関係で苦労することは、やっぱり価値観が違うということ

いざ国際結婚の生活を始めると、パートナーを外国人として意識する瞬間はほとんどなくなります。

一人の人間として見ていますので、国籍を意識する瞬間は少ないですね。

それはそれでいいことなのでしょうが、外国人ということを完全に忘れて接すると、日本の常識が通用せずに『あれ?』と戸惑うことも多いです。

教育や文化は、そこに携わる人たちの、人格形成の一環を担う重要な要素ですよね。

日本と異なる教育を受けていたり、日本とは異なる文化圏で育ったりすれば、日本人と異なる価値観が育まれることは、極めて自然なことですし、当たり前なことなのです。

日本へ留学する。または日本の企業で働く。

この様な経験を通じて、日本人のメンタリティを理解することは可能ですし、日本社会に溶け込んで生活できるようになる外国人も多いです。

それでもやっぱり外国人のメンタリティや価値観のベースは、彼らの母国のそれがベースであることを、忘れてはいけないでしょう。

MAKO
MAKO
これを忘れてしまうと、夫婦げんかやトラブルにつながることもあります。

(3)子供の教育方針について

国際結婚して、夫婦関係で苦労することは、子供の教育方針について

国際結婚において、子供の教育方針をどうするのかは、とても難しくてデリケートな問題です。

私も妻とは、子供の教育方針について頻繁に話し合います。

  • 家庭での言語教育をどのように行うべきか?
  • 外に出るようになった後、どのように言語能力を伸ばしていくか?
  • 日本と中国と、どちらの国の教育を受けさせるべきか?

国際結婚カップルの子供は、きちんと教育すれば、自然にバイリンガルに成長する環境的下地が整っています。

また、日本では対応が遅れているSTEM教育(課題解決能力)を、海外移住することで受けさせることができるという選択肢もあります。

日本人カップルから生まれた子供よりも選択肢が多い分、子供への負担も大きくなります。

子供にとって、一番負担が少なく、将来の可能性を伸ばしてあげるために、夫婦間でのディスカッションが重要になります。

MAKO
MAKO
ただ、なかなか意見が同じになるということは少ないでしょう。

4.国際結婚して、周囲の人との関係で苦労すること

国際結婚して、周囲の人との関係で苦労すること
MAKO
MAKO
ここでは、国際結婚ならではの、人間関係の苦労をお伝えします!

(1)国際結婚は両親から反対されやすい

国際結婚して、周囲の人との関係で苦労することは、両親から国際結婚を反対されやすいこと

国際結婚は、あなたのご両親から反対されることが当たり前です。

MAKO
MAKO
外国人に免疫がない方が多いですからね…
KEY
KEY
”その人”というより、”外国人”というカテゴリに対して、反対するご両親が多いですね。

事前に反対されることを覚悟しておかないと、ご両親との関係がギクシャクするだけでなく、パートナーとの関係まで悪化することもあり得ます。

ご両院からの反対は、時間をかければ必ず解決できる問題です。

結婚が決まってからいきなり報告するのではなく、ある程度時間がかかることを想定して、ご両親からの理解を得ていきましょう。

(2)パートナーの親族と文化が違う

国際結婚して、周囲の人との関係で苦労することは、パートナーの親族と価値観が大きく異なること

私は妻と日本で知り合いました。

妻は日本での生活が長いため、日本人のマインドを理解していますし、価値観も日本人に近い部分があります。

しかし、妻の親族は日本で生活したことがありません。

やはり、妻の親族と交流する場面では、価値観の相違からストレスを感じることも多いです。

とくに、日本に招待しておもてなしするときには、気を遣いますし、ストレスも溜まりますね…

アジア地域では、日本以上に親族との関係性が濃い国が多いですから、パートナーの親族との関係は、とても重要になりますよ。

MAKO
MAKO
アジアの国の方と国際結婚するなら、覚悟しておいた方がよいでしょう。

(3)国際結婚の”馴れ初め(なれそめ)”を聞かれまくる!

国際結婚して、周囲の人との関係で苦労することは、すぐに国際結婚のなれそめを聞かれること

この記事の冒頭でもお話した内容ですね!

国際結婚していることが分かると、なぜか『どうやって奥様と知り合ったのですか?』という馴れ初めを聞かれることが、非常に多いんです。

『……えへへ、業者婚ですよ! お金払ってお見合しました!』

なんて言いうと、場が凍ることが分かっていますので、職場で知り合ったという無難なウソをつくわけです。

で、職場の人には、語学スクールで知り合ったとウソをつくんですよね。

そのうち、誰にどんなウソをついたのか、訳が分からなくなってきます(笑

(4)子供の人間関係

まだ私の子供は小学校に上がっていません。

ただ、小学校に上がるといろいろな問題が生じるであろうことは、容易に想像できます。

  • 子供自身の人間関係
  • 子供の両親と、私たち国際結婚カップルの人間関係

教育環境の整備や、言語問題、アイデンティティの確立など、今のうちから対策しておく必要性を感じています。

5.国際結婚で苦労すること ~まとめ~

いかがでしたか?

国際結婚で苦労することは、日常生活面・金銭面・夫婦関係面・人間関係面の4つであることがご理解いただけたと思います。

もちろん、今回の苦労話は私の体験がベースになっていますので、これ以外の苦労もあると思います。かなりヘビーな苦労をされた人もいるでしょう。

でも、とても大切なことは、事前に準備をしたり、パートナーとコミュニケーションを取ったりすることで、ほとんどの苦労は軽減できるということです。

望んで苦労をしたいという稀有な人なら別ですが、ほとんどの人は、進んで苦労をしたいとは思わないでしょう。

ぜひ、今回の記事をベースに、どんな苦労をしそうなのか?そしてどうすれば、苦労を軽減できるのか?考えていただければと思います。

 

今回も、最後までお読みいただき、ありがとうございました!