婚約 / 挙式

国際結婚では結婚式を2回やるのがベスト!?みんなはどうしてる?

国際結婚で必ず直面するのが、結婚式をどこの国でやるのかということです。

もちろん、可能であればお互いの国で、2回の結婚式を挙げるのがベストでしょう。

 

ところが、実際には中々うまくいきません。

仕事の休みが取れるのかという問題もあるし、資金面での難しさだってあります。

 

じゃあ、今後の生活基盤は日本だから、日本だけで挙式をすればいいのか?

これも、そう簡単には結論付けられません。

結婚式は、当事者だけの問題ではなくて、親族や友人も巻き込む一大イベントです。

 

特に、ご両親の心情をムシして勝手に進めてしまうと、気づかない間に大きな溝をつくってしまうことも…

挙式の場所の難しさは、国際結婚ならではと言えるでしょう。

結婚式という幸せな舞台がきっかけで、その後がギスギスするなんて耐えられませんよね!

 

逆に、みんなの了解が得られやすい場所で挙式すれば、みんなから祝福される最高の結婚式になるでしょう。

何とか、そのような結婚式に持っていく必要があります。

 

さて、国際結婚の挙式の考え方としては、次の4つがありますよ!

疑問を持つ外国人女性

①お互いの出身国で、それぞれ挙式する(トータル2回)

 

②どちらかの出身国で、1回だけ挙式する

 

③どこか第三国で、1回だけ挙式する

 

④挙式しない

お金や時間、出席者の数などによって、どの方法がベストなのかは変わってきます。

 

この記事では、国際結婚をした先輩方の経験談も紹介していますよ。

きっと、これだ!というスタイルが見つかるはずです。

あなたにとっての最善の挙式方法を探してみてください!

 

1.お互いの出身国で、2回挙式する

もしもできるのならば、これが一番ベストな方法でしょう。

 

金銭的な理由、仕事の都合、身体的な問題、家族のこと…

海外での結婚式には、参加したくてもできない人が少なくありません。

 

お互いの出身国でそれぞれ挙式できれば、そういう方にも参加してもらえるんです。

関係者が全員参加して、みんなに喜んでもらえるところが最大のメリットでしょう。

◎ 全員がムリなく参加できる! みんなに祝福してもらえる!

 

いっぽうで、2回も挙式するわけですから、費用面はバカにならないところがあります。

また、会社勤め方は、挙式に合わせて長期休暇がとれるかという問題も生じます。

× 費用が2倍かかる。 サラリーマンは休みの関係で難しい。

 

先輩方のご意見

Aさん
Aさん
どちらの国でも挙式しましたよ。

お互いこれない理由のある親類縁者がおりましたし、どちらの友人からも祝ってもらいたかったので。

Bさん
Bさん
私は主人の国で結婚式を挙げ、主人、義父、義母とレストランで食事をしました。

半年後、日本に一時帰国し、神社で神前式を挙げる予定です。

どうしても私の着物姿を見たいという、彼の熱意に負けました!今のところ、出席者は、私の家族だけです。

Cさん
Cさん
日本とパートナーの国で、計2回挙式しましたよ。

日本での挙式が先で、海外からの出席者はパートナーの家族5人だけでした。

2回目はパートナーの国で伝統的な結婚式を挙げました。

日本からの出席者は、私の家族だけでしたね。

 

以上、2回派の方からでした。

それぞれの国で挙式するものの、ミニマムサイズでの実施がほとんどですね。

参加者は、その国に住んでいるご親族だけ、というパターンが多いようです。

 

2.どちらかの出身国で、1回だけ挙式する

お金や時間の関係で、挙式を1回だけにするカップルは、結構多いと思います。

また、ご夫婦の生活基盤が同一の国の場合、この方法を選択することが多いようです。

 

気を付けなければいけないのが、親族の気持ちを無視して進めてしまうこと。

なんで、日本でだけ挙式するんだ…?なんだか、おかしくないか…?

 

こんな風に思わせるのは、後々の禍根になりかねませんから、絶対に避けましょう。

パートナーの家族を日本に呼び寄せたり、披露宴をパートナーの母国でやったりと、できる工夫はいくらでもありますよ!

 

パターン1 結婚式と披露宴をどちらかの国で盛大に

新郎新婦をライスシャワーで祝福

たとえば、夫婦の生活拠点が日本だから、日本で行うというパターン。

その場合には、相手国の親族を日本に招いて挙式します。

もちろん、来ていただくわけですから、滞在費等はこちら持ちにするべきでしょう。

 

もしも、ご親族をお招きできないのであれば、相手国でも挙式するべきかな?と思います。

 

Dさん
Dさん

妻は日本で仕事をしており、生活基盤は日本でした。

友人も日本人が多いし、今後も日本で生活するので、日本で挙式することにしたんです。

私の親族と、義父、義母、義兄弟家族に出席してもらいました。妻の家族の滞在費は、我々で負担しました。

妻の母国では、食事会という形で、ほかのご親族に結婚を報告しましたよ。

 

パターン2 宗教上の理由で結婚式は1回だけ

有名なのは、キリスト教のカトリックの方でしょう。

カトリックでは、結婚は終生にわたるもので、離婚を認めないのが原則的な考えです。

結婚は、司祭が立会人となり儀式を執り行い、挙式を2回行うということはありません。

 

この場合には、結婚式+お食事会(披露宴かな?)になりますね。

 

Eさん
Eさん

わたしは、結婚式と披露宴をパートナーの国でしました。
飛行機の直行便がない国で、私の出席者は両親だけでした。

その後、義父と義母を日本に呼んで、こちらの近しい親戚を集めて披露宴をしました。

パートナーが敬虔なカトリックだったので、式は1回だけでした。

 

3.どこか第三国で挙式する

両方の国で挙式できない場合、関係ない第三国で挙式をすることも、選択肢の一つです。

 

その場合、ハワイなどのリゾート地で挙式することが多いようです。

新婚旅行もかねられますので、この部分ではお得ですよね!

 

また、ご親族の理解は、比較的得やすい方法ですね。

しかし、両家の親族に来ていただくわけですから、滞在費等はご夫婦負担でしょう。

結局金銭的には、一番高くつくパターンだと思います。

 

4.挙式しない

どうしても両家の意見が折り合わない場合、結婚式を挙げないこともあるそうです。

ただ、これは禍根を残しますので、個人的には絶対おすすめしない方法ですね。

 

5.相手の親族を日本に呼ぶ場合

あなたが、相手の国の言語を話せないと、かなり大変な思いをすることになります。

 

パートナーを通じて意思疎通を図りますが、なかなかうまくいかずに疲労がたまります。

その国の文化やマナーは、事前にお伝えする機会を設けるべきでしょう。

宗教観についても、かならずお伝えしておくべき事項です。

パートナーの方に、ご協力をお願いするようにしてくださいね!

 

観光も、基本は日本人であるあなたが先導しなくてはいけません。

パートナーの方と、事前に打ち合わせをして、日本滞在をスムーズに進められるよう、協力体制を築いておきましょう。

 

これで夫婦関係がギスギスするのは、とてもバカらしいですよ。

 

Fさん
Fさん

日本の結婚式前後は地獄でした。

旦那のご家族は全員初めての日本でした。挙式後も一緒に日本ツアーへご招待。

そのまま一緒に旦那の国に行き、2回目の挙式です。
もう、身体じゅうぼろぼろ、お肌もカサカサ、結婚式どころではありませんでした。

MAKOさん
MAKOさん
日本で挙式後、妻の家族を家に招待し、東京の観光にも行きました。

事前にマナーのレクチャーをしていなかったのが悪いんですが、まぁとにかく大変でした。

親族に何もいわない妻を責めてしまって、しばらく夫婦関係がギスギスしましたね。

KEYさん
KEYさん
…けっこうヒドかったですヨ!

 

まとめ

国際結婚におけるベストな選択は、お互いの国でそれぞれ挙式をすることです。

異なる文化の結婚式を2回も経験できるのは、国際結婚ならではでしょう。

 

これが難しい場合、お互いの親族のことを考えて動いていく必要があります。

日本で挙式、パートナー母国で披露宴など、相手のことを考えた企画が重要です。

 

KEY
KEY
ご夫婦で素敵な結婚式を作り上げてくださいネ!

 

今回も、最後までお読みいただき、ありがとうございました!

お見合いで国際結婚すると費用はいくら?みんな知りたいお金のこと!
お見合いで国際結婚すると費用はいくら?みんな知りたいお金のこと! 私は手探りで進めましたが、危うく貯金が枯渇するところでした!…じつは10万円ほど、両親から一時的にお金を工面して...
世界が注目する和装結婚式!神前式をオススメする7つのポイント!最近、和装の結婚式が、海外の方から人気を集めていることをご存知ですか? クールジャパンの広がりにより日本文...