国際結婚したら、住む国や場所はどこになるの?日本、それとも海外?

国際結婚した後、どこの国・どこの場所に住むのか?
国際結婚後に住む国を知りたい女性のアイコン画像国際結婚後に住む国を知りたい女性
もし、私が国際結婚したら、住む国や場所はどこになるの?

この記事では、国際結婚した後、どこの国で生活するのか解説します。考えたことないよ、という人、日本or海外で生活したい、という考えがある人、どんな方にも参考にしていただける内容です。

 

国際結婚して住む国や場所はどこになるの

国際結婚後、一体どこの国で生活することになるのかって、気になりますよね?

国際結婚後に住む国を知りたい女性のアイコン画像国際結婚後に住む国を知りたい女性
…当然日本に住むんじゃないの?

 

いえいえ、決してそんなことはないんです。

もちろん日本で生活することもありますが、海外で新婚生活を送る可能性も、十分あり得るんですよ。

国際結婚後にどこの国に住むのかについては、次の3パターンがあります。

  1. 国際結婚後も日本に住むというパターン
  2. 外国人パートナーの国に住むというパターン
  3. 国際結婚を機に第三国へ移住するというパターン

 

国際結婚後に住む国を知りたい女性のアイコン画像国際結婚後に住む国を知りたい女性
国際結婚したら、この3つのパターンの中から、住む場所を自由にえらぶことができるのかしら?

…いいえ。残念ながら、必ずしもそうとは限りません。

あなたの希望が叶うこともありますが、パートナーの状況や考え方によって、希望どおりにいかないケースも多いんです。

 

国際結婚してどこの国に住むのかは、以下の要因によって、ある程度決まっています。

  • 外国人パートナーと知り合った場所・方法
  • お互いの生活基盤や生活環境

この記事を読めば、あなたとパートナーの状況によって、国際結婚後にどこの国で生活する可能性が高いのかが、理解できるようになります。

KEYのアイコン画像KEY
ぜひ、最後までお付き合いくださいネ♪
5秒でわかるページ概要

パターン1.国際結婚後に住む国が日本になる

国際結婚した後、どこの国・どこの場所に住むのか?国際結婚後、日本に住むケース

まずは、国際結婚をした後、住む国が日本になるというケースをご紹介します。

これが一番多いパターンではないかなぁと思います。

MAKOのアイコン画像MAKO
日本人にとっては、環境の変化が少なく、負担がかからないパターンですね。
KEYのアイコン画像KEY
ただ、外国人パートナーにとっては、負担になることもあるみたいデスネ

国際結婚後、住む国が日本になるのは、次のようなパターンのカップルが多いです。

  • 日本人男性×外国人女性という国際結婚カップル
  • 外国人が日本にある企業に勤めて生計を立てている

 

(1)「日本人男性×外国人女性」が国際結婚したケース

国際結婚した後、どこの国・どこの場所に住むのか?日本人男性と、外国人女性の国際結婚は、日本に住むケースが多い

日本人男性と外国人女性が国際結婚した場合、住む国は日本になることが多いです。

日本人男性がビジネスマンだと、日本で生活する可能性がさらに高まるでしょう。

ビジネスマンの安定した地位を捨てて、見ず知らずの海外へ移住するのは、中々ハードルが高いですよね。ですから、国際結婚後も日本で生活を続けたいと考える日本人男性が、圧倒的に多くなるんです。

これに加えて、日本国内でお相手の外国人女性と知り合ったのであれば、ほぼ間違いなく、国際結婚後の生活は日本になると思います。

この場合には、外国人女性の生活基盤は、もともと日本であったケースが多いはずです。

国際結婚後に住む国が日本でも、それほど負担にはなりません。むしろ、他の国で住むことの方が、大変と感じるかも!?

日本での生活が長い外国人女性なら、「男性が働いて、生活費を稼ぐ」「だから日本に住む」という日本人男性の意見も、理解してもらいやすいでしょう。

MAKOのアイコン画像MAKO
このケースは、国際結婚した後、日本で生活することについて、ほとんど話し合わないで決まってしまうことも多いです。

 

ちょっと気を付けていただきたいのが、海外留学など、国外で外国人女性と知り合って、国際結婚する場合です。

このケースの外国人女性は、もともとの生活基盤が日本ではありません。

もし、「国際結婚後、どこに住みたい?」と外国人女性に聞いたら、「母国」と「日本」で意見が分かれるでしょう。

しかし「日本」と答えた場合でも、海外移住の大変さを理解していないケースもあるため、簡単に決断することは危険です。

日本語が話せないことがほとんどでしょうし、日本人の独特な感覚も理解が難しいと思います。その状況で、日本に移住してもらうのは、かなりリスクが高いのです。

国際結婚後、どこに住むのかについては、よく話し合った方が良いでしょう。

国際結婚後に住む国を知りたい女性のアイコン画像国際結婚後に住む国を知りたい女性
なるほど。どこの国に住むのかは、出会う場所もポイントになるのね。

どこの国に住むのかを話し合うときには、この記事を参考にしてください

どこの国に結婚生活の基盤を置くのか、かならず話し合いましょうね!

 関連記事  国際結婚して住む国を決める時に、議論すべき5つのポイント。好きなだけじゃダメ!

https://kokusaikekkon7.com/live-country-factor/

 

(2)国際結婚した外国人が日本のオフィスに勤めるケース

国際結婚した後、どこの国・どこの場所に住むのか?日本で働く外国人と国際結婚したら、当面は日本に住むケースが多い

国際結婚のお相手となる外国人が、日本国内にあるオフィスに努めている場合も、日本で交際結婚生活を送る可能性が高いです。

あなたも外国人パートナーも、お互い日本に生活基盤がありますからね。

国際結婚をしたからといって、特別な事情がない限り、日本で生活するのが当たり前だと言えます。

 

ただ、この場合には、注意しておくべきことがあります。

それは、将来的に住む国が海外に移る可能性が高いということです。

勤務先の企業が外国人パートナーの母国で、新規プロジェクを立ち上げるような場合、外国語が話せるという理由で、あなたのパートナーが現地リーダーを任されることがあります。

また、外資系企業に勤めている場合には、日本駐在が一時的ということも多いです。

  • 現地プロジェクト立ち上げのため、海外転勤になる可能性?
  • 一時的に日本に駐在しているという可能性?

日本オフィスで働く外国人との国際結婚は、結婚当初こそ日本に住む可能性が高いですが、将来的には海外に拠点を移す覚悟が必要なのです。

国際結婚をする前に、パートナーの方と将来設計について、話し合うようにしましょう。

 

これは、英会話スクールなどで語学講師を務める外国人も同じです。

語学教師は、一時的に日本で仕事をしているだけ、という外国人がとても多いです。

将来的には別の国に移住したり、母国に戻ったりすることを考えているかもしれません。

お付き合いされるのであれば、将来ビジョンについて、よく話し合っておきましょう!

国際結婚後に住む国を知りたい女性のアイコン画像国際結婚後に住む国を知りたい女性
結婚当初だけじゃなくって、将来どこに住むことになるのか?も考えなきゃいけないってことね。

 

海外移住のチャンスがある、というのは、国際結婚をするメリットの1つです。

それは紛れもなく事実なのですが、予期せぬ海外移住は、デメリットであることも、シッカリと認識しておくべきでしょう。

特に相手の国の言語が話せない、どんな国かもよくわからない、という場合には注意が必要ですよ。

移住先の環境に慣れずに、ストレスを一人で抱え込む、なんてことになりかねません。

最悪のケースとして、夫婦生活が破綻するリスクもあります。

国際結婚してどこに住むのか、普段から外国人パートナーと話し合っておきましょうね。

MAKOのアイコン画像MAKO
海外移住に備えて、パートナーの母国語を勉強しておくことは大切です。

国際結婚における外国語の重要性について

国際結婚するなら、将来的にはパートナーの母国をマスターしましょう!

 関連記事  英語力も微妙なんだけど…国際結婚をするのに外国語は必要ですか?

https://kokusaikekkon7.com/nece_fl/

 

パターン2.国際結婚後に住む国が、外国人の母国になる

国際結婚した後、どこの国・どこの場所に住むのか?国際結婚後、外国人配偶者の国に住むケース

次に「国際結婚した後に住む国が、外国人の母国になるケース」をご紹介します。

あなたにとっては、海外移住ということになるパターンですね。

 

住む国が外国人パートナーの母国になるのは、次のようなケースが多いです。

  • パートナーの出身国でパートナーと出会った
  • 日本人男性×外国人女性という国際結婚カップル
MAKOのアイコン画像MAKO
国際結婚後に、海外へ移住するパターンは、強いストレスや孤独感を感じる人もいます。
KEYのアイコン画像KEY
このパターンに該当する場合には、パートナーの人とたくさん話し合いましょうネ。

(1)外国人とパートナーの国で出会って国際結婚したケース

国際結婚した後、どこの国・どこの場所に住むのか?パートナーの国で出会った場合、国際結婚後も海外に住むことが多い

外国人とパートナーの母国で出会ったケースでは、国際結婚後に住む国も、パートナーの国になる可能性が高いです。

例えばあなたが海外留学や、ワーキングホリデーで海外滞在中に、その国のパートナーと知り合ったようなケースですね。

 

外国人パートナーは、それまでごく普通に、自分の国で生活してきました。

あなたと知り合う前は、日本で生活するという発想すらなかった人がほとんどです。

お互いの希望を話し合うことは大切ですが、結果的には、結婚後に住む国は「パートナーの国」になると思います。

ただ、このパターンで知り合った場合には、日本人側が現地言語を話せて、現地の習慣にも馴染んでいることが多いので、さほど問題にはならないでしょう。

国際結婚後に住む国を知りたい女性のアイコン画像国際結婚後に住む国を知りたい女性
日本人女性は、海外留学をきっかけに国際結婚して、そのまま海外に住む人が多い、って聞いたことがあるなぁ。

他にも、マッチングアプリを使って、海外在住の外国人と国際結婚することになった場合も、このケースに該当しますよ。この場合には、海外移住のリスクをよく考える必要があります。

海外在住の外国人と知り合う方法をまとめました。

国際結婚後に、海外移住したいという方は、ぜひご覧ください。

 関連記事  海外在住の外国人と知り合うにはどうすればいいの?海外で国際結婚生活したい!

https://kokusaikekkon7.com/meeting-partner-living-abroad/

 

(2)「日本人女性×外国人男性」が国際結婚したケース

国際結婚した後、どこの国・どこの場所に住むのか?日本人女性と、外国人男性の国際結婚は、海外に住むケースが多い

日本人女性と外国人男性が国際結婚した場合にも、新婚後に住む国は、外国人男性の母国になる可能性が高いと言われています。

日本にあるオフィスに勤務しているのでない限り、外国人男性の母国に住むことが多くなります。

いくつかのパターンをご紹介しますね!

  1. 外国人の母国で知り合った ☞先程ご紹介した通り、海外移住です
  2. 日本で知り合った ☞彼の日本語スキルが低いと、海外移住の可能性
  3. マザコンの気がある ☞海外移住の可能性

国際結婚した後、どこの国・どこの場所に住むのか?外国人男性が日本人女性に頼る心苦しさから、海外に住むこともある


②に関しては、ピンと来ないかもしれませんが、あなたに負担をかけたくない、という理由です。

 

日本で生活する場合、どうしても日本人のあなたに頼らざるを得ませんよね。

 

精神的にそれがつらいので、母国で生活したいという外国人男性が多いのです。


③については……まぁ、男性は基本的に、マザーコンプレックスですから(笑)

どうしても、母親の近くで生活したいという人が、多くなりますよね。

国際結婚後に住む国を知りたい女性のアイコン画像国際結婚後に住む国を知りたい女性
これは国際結婚に限らないお話ね。

 

もし、海外移住するとなったら、大切なのはあなたのスキルと気持ちです。

  1. 最悪1人でも、その国でお金を稼ぐことができるか
  2. その国の言葉を、ビジネスレベルで扱うことはできるか
  3. その国の生活習慣や文化を、受け入れることができるか

この3つの要素に照らして、外国人男性の母国に住めそうか、よく考えてみましょう。

外国語は話せない、不安もいっぱい…そんな中で無理をすると、精神的に疲弊してしまい、国際結婚生活が破綻するリスクがあります。

また、よくあるのがDV気質の外国人男性と国際結婚してしまったが、言葉が話せなくて周囲のSOSを発信できないというケース。この場合、表現が適切どうか分かりませんが、「その国に軟禁されているような状態」になってしまいます。

国際結婚後に海外に住む可能性がある人は、スキルと気持ちの面で、きちんと準備を整えるようにしましょうね。

焦って国際結婚するのではなく、ゆっくりパートナーと話し合い、海外で生活を始める準備を進めることが重要です。

パターン3.国際結婚後に住む国が、第三国になる

国際結婚した後、どこの国・どこの場所に住むのか?国際結婚後は思い切って第三国に住むという選択肢もある

最後に、国際結婚後に住む国が第三国になるパターンをご紹介します。

とはいうものの、国際結婚してすぐに縁もゆかりもない第三国に住むというのは、ほとんどありえないでしょう。

考えられるのは、次のようなパターンに限られるのではないでしょうか?

  1. 前々から第三国でのビジネスチャンスを狙っていた
  2. パートナーが第三国にコネクションを持っている
  3. 国際結婚をきっかけに、新しい環境に身を投じたい

 

第三国への移住は、生活基盤を第三国に移しても生活に支障が生じないだけの、相当な経済力が求められます。貯蓄もそうですし、継続的な収入という点でもそうですね。

MAKOのアイコン画像MAKO
あとビザの問題も絡みますので、ハードルはかなり高いですよね。

国際結婚した後、どこの国・どこの場所に住むのか?新卒後に海外に移住するのとはわけが違う。


近年、日本の大学を卒業して、そのまま外国で働く、という新卒の人が増えていますよね。

 

この様な話を聞くと、意外と知らない土地でも、うまく生活できるんだ!と、感じる人もいるかもしれません。


しかし、こんな大胆な行動は、一人だからこそできることです。

結婚を控えた人が、同じリスクを背負えるかと言えば難しいですし、そのタイミングで背負ってよいリスクではありません。

もちろん、国際結婚して時間が経ってからなら、第三国へ移り住むという選択肢は、普通にあり得ると思います。

ただ、国際結婚当初に第三国へ移住するのは、リスクが大きいですし、現実味も薄いですよね。

MAKOのアイコン画像MAKO
外国人パートナーが「国際結婚生活は、穏やかな第三国でスタートさせたいね」なんて言いだしたら、全力でストップさせましょうね(笑)
国際結婚後に住む国を知りたい女性のアイコン画像国際結婚後に住む国を知りたい女性
でも将来的に、見知らぬ土地へ移住する!ってことを目標にすれば、もっと仕事を頑張れるかもしれない!

国際結婚後、住む国や場所はどこになる?~まとめ~

国際結婚した後、どこの国・どこの場所に住むのか?国際結婚後住む場所のまとめ

今回は、「国際結婚後にどこへ住むことになるのか?」について、ご紹介しました。

状況によって、住む国や場所が変わることが、ご理解いただけたのではないでしょうか?

 

ただ、今回の記事でご紹介した内容は、あくまでも「傾向」にすぎません。

この通りになることもあれば、ならないこともあるでしょう。

大切なことは、パートナーと国際結婚生活をどこの国でスタートするのかを、真剣に話し合って決定することです。

そして、海外移住の道を選ぶなら、現地で経済的に自立し、文化や慣習を理解できるだけの準備を整えてから、国際結婚するようにしてください。

パートナーと将来住む国について話し合いましょう!

具体的に住む国について話し合うなら、こちらの記事を参考にしてください。

 関連記事  国際結婚して住む国を決める時に、議論すべき5つのポイント。好きなだけじゃダメ!

https://kokusaikekkon7.com/live-country-factor/

  • あなたは国際結婚後、どこの国に住むことを希望するのか?
  • また、それはなぜなのか?

 

本記事が、それを考えるきっかけと、答えを導く参考になれれば幸いです。

今回も、最後までお読みいただき、ありがとうございました!

国際結婚した後、どこの国・どこの場所に住むのか?

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
5秒でわかるページ概要
閉じる