疑問 / 問題

国際結婚する人はモテない人!?負け組と思われる?…周りの目が気になる

国際結婚する人はモテない人!?負け組と思われる?…周りの目が気になる
レッテル貼りの日本人
レッテル貼りの日本人
国際結婚なんて、日本人からモテない人がしてるんでしょ?

レイシスト
レイシスト
アジア人と国際結婚する日本人は負け組確定だろwww

私自身国際結婚をしていますし、周囲にも国際結婚しているカップルも多いです。

日本で生活していると、このような考え方が日本人の中に強く根付いているのでは?と感じます。

さすがに面と向かって言われることはありませんが、ネット上ではこうした声を時折見かけますよね。

しかし、「国際結婚=モテない人」説には、強い違和感を覚えています。

なんでかというと、私自身が若いころ、比較的モテたからです(笑)

また、周りの国際結婚カップルも、正直モテないタイプの人って少ないんですよね。

  • 国際結婚をしている人は、どんな人なのでしょうか?
  • 国際結婚をする人は、日本人からモテない人なのでしょうか?

今回はこの点について、検証していきたいと思います。

KEY
KEY
特にこれから国際結婚をしようかな?と考えている人は、最後までお読みくださいネ!

1.国際結婚している人は、3つのタイプに分かれます

ここでは、どんな人が国際結婚をしているのかについて、考えてみましょう。

まず一口に国際結婚をしている人といっても、日本人のタイプは一様ではありません。

国際結婚について考える場合には、少なくとも3つのタイプに分類してください。

  1. 国籍を意識せず、自然恋愛で結婚した人
  2. 外国人と結婚したくて、外国人と結婚をした人
  3. 日本人からモテないので、外国人と結婚した人

どうでしょう?すべてニュアンスが異なる国際結婚ですよね?

これを一つにして「モテない人」と考えるから、おかしなことになるんです。

それぞれ簡単に確認していきましょう。

(1)好きな人と結婚したら、その人がたまたま外国人だった

国際結婚する人はモテない人!?負け組と思われる?…周りの目が気になる

好きな人と結婚したら、その人がたまたま外国人だった。

この場合、「国際結婚=モテない人」という図式は、まったく当てはまりません。

もちろん、日本でモテなかった人が、海外留学や赴任をしたら外国人からモテた、その結果国際結婚した、ということもあるでしょう。

でも、それは結果論に過ぎません。

なぜならば、日本人からモテて、外国人からもモテる人だっていますからね。

このパターンの国際結婚カップルが、「国際結婚=モテない人」なんて聞いたら、鼻で笑ってしまいますよ。

ちなみにこのパターンで国際結婚しているのは、日本人女性に多いですね。

(2)外国人と結婚したくて、外国人にアプローチした

国際結婚する人はモテない、負け組。周囲の目が気になる

外国人と結婚したくて、外国人にアプローチした。

この場合も、「国際結婚=モテない人」という図式は成立しません。

で、私の国際結婚がこのパターンに該当します。

ここからちょっとだけ、自分語りが入りますが、ご容赦ください(笑)


 

私は若いころ、人並みには恋愛をしてきたと自負しています。30代に入った頃「そろそろ結婚したいなぁ」と思い、11歳年下の日本人女性と結婚しました。

彼女が大学を卒業したのと同時に結婚したので、周りからはずいぶん冷やかされました。

残念ながら、結婚生活は長続きしませんでしたが…。

その後、7歳ほど年が離れた日本人女性とお付き合いしたのですが、こちらも長続きせず。

元妻とその後にお付き合いした方とのやり取りの中で「ああ…自分は日本人女性と相性が悪いんだなぁ」と思ったんですね。

それから私は外国人女性に興味を持ち、今の妻と出会い、現在に至ります。


 

日本人女性との恋愛や結婚は、すべて自然恋愛です。お見合いや紹介ではありません。

ですから、自分では日本人からモテないとは思っていませんし、自発的に外国人と結婚したと思っています。

「国際結婚=モテない人」と聞くと、「何を言ってるんだ、この人は?」と感じますね。

外国人と結婚したいから、進んで国際結婚をするという人。

そういう人もいますし、じつは結構多いんですよ。

MAKO
MAKO
私のように事情がある人もいますし、単に外国人へ憧れているだけ人もいます

KEY
KEY
憧れだけで国際結婚するのは、オススメできませんけどネ…

(3)日本人からモテないので、外国人と結婚した

国際結婚する人はモテない、負け組。周囲の目が気になる

国際結婚相談所ってご存知でしょうか?

国際結婚相談所とは、普通の結婚相談所と異なり、日本人と外国人の国際結婚(特に日本人男性×外国人女性)を専門に紹介する結婚相談所のことです。

お相手の外国人女性は、日本に比べると経済的に未発達な国の人であることが多いです。

近年人気の国は、ベトナム・フィリピン・タイ・中国(地方の農村)あたりでしょうか?

国際結婚相談所のHPを見ると、婚期を逃した日本人男性の心を揺さぶるようなセールスコピーが並んでいます。

  • 年の差なんて無問題。若くてかわいい外国人の奥さんをゲット
  • 日本人なら嫌がる職業も、外国人なら受け入れてくれるYO!

こうしたセールスコピーが刺さる人も、中にはいるのでしょう。

HPには年齢が高い日本人男性と、若い外国人女性の成婚写真が掲載されています。

この様な人は、日本人との結婚を諦め、国際結婚に臨む場合がほとんどです。

そう考えると、たしかに「モテない」人が多いのかもしれません。

ただ、このパターンすらも、「国際結婚=モテない人」とは言い切れない側面があります。

2.日本でモテなくても、海外ではモテる…ことも

国際結婚する人はモテない、負け組。周囲の目が気になる

なぜ自分の両親と同じくらいの年齢の日本人と結婚するのか?

どうして日本の農村にも嫌な顔をせずに嫁いでくるのか?

この背景には、やはり「お金」の問題が絡んできます。これは仕方がないことですね。

とはいえ、最近はアジア諸国も経済発展の最中にあり、昔ほど日本との経済格差が絶対的なものではなくなってきています。

つまり、日本人男性との結婚理由も、お金だけが理由ではなくなっているということです。

では、そのような外国人女性は、お金以外の何を日本人男性に求めているのでしょうか?

実は、日本人男性の「優しさ」や「誠実さ」を求めて、相談所に登録する外国人女性が増えているんですよね。

国や地域によっても異なりますが、旦那はまったく働かずに昼間っから飲んでばかり。家計を支えるために働くのは妻の役割だ。そんな価値観の国もあります。

他にも、男の浮気は当たり前という国や、家庭内暴力・DV・モラハラ何でもござれ!という国もあるようです。

この様な地域から見ると、真面目で礼儀正しく勤勉といわれる日本人男性との結婚は、とても安心できるものなのかもしれません。

これは日本人男性の「人柄」を見て結婚する外国人女性が増えていることを意味します。

現地の男性と結婚することに失望した外国人女性が、「お金」もそこそこあり、「優しく、誠実」な人柄である日本人男性との結婚を望んでいるということです。

日本人からモテなくても、優しく誠実であれば、外国人からはモテるかも知れませんね。

 

さて、日本人からはさっぱりモテなかったあの人が、国際結婚相談所に登録した。

そして、若くて美しい外国人女性と国際結婚をした。

…仲睦ましく見えるけど、どうせ今だけさ。財産目当てなんだから!

「国際結婚=モテない」とひとくくりにして言う人を、あなたはどう思いますか?

3.「国際結婚=モテない」は、外国人に対する偏見

国際結婚する人はモテない、負け組。周囲の目が気になる

「国際結婚=モテない」という図式は、必ずしも正確ではないことをお伝えしてきました。

ちなみに「国際結婚=モテない」と思っている人って、ほぼ間違いなく「国際結婚=負け組」「国際結婚=周囲から見下される」とも思っていますよね。

これって、ものすごく外国人蔑視のレイシスト的思考ですよ。

「外国人は自分より下の存在だ」「日本人の方が優れている」という思考がなければ、そんな発想には至りませんから。

コンプレックスがある白人との国際結婚については、「国際結婚=負け組」と言わないことが何よりの証拠です。

日本人を馬鹿にしているように見えて、根底は外国人への差別感情なんですよ。

「日本の経済的優位性」を持ち出して、経済的に劣る国から来た外国人を、日本人より下に見る。その外国人と国際結婚した日本人を、自分より下に見る。

こうやって自分のプライドを守り、アイデンティティを維持しているのでしょうね…こわ。

日本経済のプレゼンスがますます相対的に低下したら、今度は「文化成熟度ガー」と始まるんでしょうか。…もう始まってる?

 

一方で、国際結婚の当事者は、日常生活で日本人とか外国人とかを、特別に意識している人は少ないです。一人の人間として外国人パートナーと接しているからですね。

外国人を一人の「人間」として見ていますから、国籍はあまり気にしていません。

だから、外国人差別の感情なんて持ちようがないのです。

 

外国人を落として、日本人を上に見る。国際結婚した人を落として、自分を上に見る人。

国籍というラベルではなく、人間対人間の付き合いを大切にする人。

どちらの方が人として魅力的なのか、成熟しているのか? 比べるまでもないでしょう。

当の本人に外国人差別の意識がないこと。そして、自分の価値観を正しいと信じ込み、他人を見下していることには、恐怖を感じます。

この感覚が日本人の多数派である限り、どんどん日本は世界から置いていかれますよ。

外国人差別や蔑視は、とても悲しいことですね。

4.国際結婚をしている人はモテないのか?~まとめ~

国際結婚する人はモテない、負け組。周囲の目が気になる

いかがでしたか?

この記事では、「国際結婚=モテない」という意見を考察してみました。

一言でいえば「そんなことない」。これに尽きます。

 

でも、これで終わってしまっては面白くありませんので、最後に私からあなたへ質問です。

あなたはどうしてこの記事を開いたのでしょうか?

ひょっとして、これから国際結婚をしようか?と考えているのでしょうか?

「国際結婚=モテない・負け組」と聞いて、どのような感想でしたか?

 

もし少しでも「国際結婚=モテない・負け組」という考えがあれば、国際結婚するまで、少し期間を置いた方が良いと思います。

答えは単純で、国際結婚をしてもうまくいかない可能性が高いからです。

外国人蔑視の感情がある人が、外国人と結婚して、うまくいくはずありませんよね。

恥ずかしながら、若い頃の私は「国際結婚=モテない・負け組」という考えがあったように思います。でも、ビジネスで多くの外国人と触れあう中で、そのような考えはいつの間にかなくなっていました。

どうしても「国際結婚=モテない・負け組」という感情を払しょくできないなら、なるべくたくさんの外国人と接することがオススメです!

色々な外国人と接することで、自然に外国人と付き合う感覚が身につくはずですよ。

今回も、最後までお読みいただき、ありがとうございました!

ビッグワード「国際結婚」で検索結果1位

当サイト(次世代国際結婚スタイルInmarri)が、「国際結婚」と検索すると、1位で表示されるようになりました!

これは検索エンジンから、「国際結婚ジャンルにおけるNO1サイト」と評価されたということです。

これからも、国際結婚に役立つ情報を、あなたにお届けしていきます。

応援のほど、ヨロシクお願い致します!

次世代国際結婚スタイルInmarriの記事更新情報をリアルタイムに受け取れます!

こちらの記事も読まれています