疑問 / 問題

外国人とお付き合い経験ゼロの僕が、国際結婚をした2つの理由!

                  

私は生まれて30年以上、日本人としかお付き合いしたことがありませんでした。

そんな私が、なぜか今では中国人の女性と国際結婚をしています。不思議だね!

 

今回は、私が国際結婚しようと思った理由を、主に自分目線でしゃべる記事です。

 

そういうの引くわ。勘弁してちょ…という方は、そっとページをお閉じください。

大して中身のない記事だと思いますので!

 

でも、国際結婚に少しでも興味がある方には、お力になれる内容だと思いますよ!!

こんなに緩~い感じで、国際結婚しても平気なんだ!と勇気づけられるはずです。

 


 

私の妻は中国人です。

 

彼女は、私の2番目の妻、つまり再婚という形での結婚です。

 

初めての結婚相手は、11歳年下の日本人でした。

大学を卒業するまではとことん遊び倒した私。お付き合いも多かったです。

 

でも、そこから30歳までは仕事一筋で、その間の、女っ気はゼロ!

 

そろそろ結婚をと思い、付き合ったのが当時20歳、大学生の彼女でした。

しかし、お互いの人生プランを巡って大バトル!元妻とは離婚することになりました。

その後、私はしばらくして国際結婚で再婚することになります。

じつはそれまで、外国人と付き合ったことすらありませんでした。

 

国際結婚にも全く興味がありませんでしたしね。

 

というか、むしろ、外国人怖い!!!

そんな私が、どうして国際結婚をするのに踏み切ったのか?しかもお見合で。

 

この記事では、その理由をお伝えできればと思っています。

国際結婚を考えている方、迷っている方の参考になれば幸いです。

 

1.日本人の女性とは合わないと思った!

これが最大の理由ですね。

そう思っちゃったんだから仕方がない。

この先、女性の方は、“女性”と書いている部分を、”男性”と置き換えてお読みください。お伝えしたいニュアンスは、まったく変わりません。

 

大学を卒業するまでに、一番長くお付き合いした人との交際期間は、約1年間でした。

 

長いか短いか、でいえば、それほど長くはない方でしょう。

 

ちなみに、ほとんどの場合は3ヵ月くらいで破局してましたね。

その後、冒頭の女性が大学を卒業すると同時に結婚しました。

 

しかし、結婚生活わずか3年で、はやくも離婚。

 

色々とあり、心に深い傷を負いました…

離婚した後、もう一人だけ日本人とお付き合いをしました。

 

この方とはたったの半年で破局。

 

私も変わっていますが、彼女はもっと変人でした。変人同士はダメですね。

 

別れた原因は本当にいろいろです。

自分が至らないこともあれば、お相手にもう少し考えてよ、という時もありました。

ただ、35年間人生を生きて、たどり着いた一つの結論があったのです。

 

それは、おそらく私は日本人女性との相性が悪いんだろうということです。

 

日本人女性は、とか、外国人女性は、という区別がナンセンスなのは承知しています。

そのうえで、私は日本人女性と相性が悪いという結論に達したのです。

これは、あとでもう少し触れましょう。

 

その前に、そう結論を下した理由を書いておきたいと思います。

それは、別れに至る過程で、100%の確率で次の文言を聞いたからです。

「お父さんとお母さんがこういったから!」

 

「友達だってみんなそうだし、それはおかしい!」

 

「お姉ちゃんのアドバイスはこう!」

…おわかりいただけただろうか?

ぜ~んぶ、他人がこういったから!なんですよ。

自分の意見はどこに行ったんだと!小一時間問い詰めたいぃっ!

 

自分の意見がない人って、自分に都合のいい人の声を、自分の意見だと錯覚します。

他人の意見を、何もない空っぽの自分に投影するわけです。自己投影ならぬ、他者投影ね。

その心のよりどころのおかしさを指摘すると、自我を保つための防衛本能でしょうか?

全力で私を敵と認識し、噛みつき、自分を守ろうと必死になります。

その反応たるや、全肯定か全否定という二択しかないのか、と疑いたくなるほどです。

 

この不毛なやり取りが、苦痛で仕方がなかったんですよ。

  • どうして、自分の意見を持っていないのか?
  • どうして、自分の言葉で語ろうとしないのか?

不思議でたまらなかったし、とても虚しくて寂しくて悔しい思いでした。

 

どうしてみんな、自分の言葉で話してくれないんだろう?とすごく疑問に思いました。

この原因について、私なりに考えて、ひねり出した答えがあります。

 

この問題には、日本の金太郎あめ教育が、少なからず影響していると感じるんですよ。

金太郎あめとは、どこを輪切りにしても同じ絵柄が出てくる長い飴のことです。

定量的な知識を詰め込むことを目的にした、目的と手段が入れ替わった教育。

 

出る杭は打つべし!という没個性の大量生産教育。

 

ハンディキャップの人のクラスは設けるのに、ギフテッドのクラスは設けない矛盾。

日本人だから、という理由だけで、人に評価を下すのはナンセンスだと思います。

しかし、日本人はこういう傾向がある、と評価されることは当然だとも思います。

人が属する文化圏や教育のあり方は、人格や知性の形成に大きな影響を与えますから。

 

私にとって「日本の教育に疑問を持てない女性」は、自分を持たない傾向がある人たちなのです。

 

根本的な価値観が違うので、ムリして一緒にいても、お互いに時間をロスするだけだから。

そういう人とは同じ人生を歩まない方がいいな、という結論になりました。

 

この時、残りの人生は一人で生きていくのかな?と漠然と思いました。

2.自分の意見を持った人と結婚したかった!

ーーー残りの人生を、一人で生きていくのかな?

 

そう思ったものの、私は結婚したくないわけではありませんでした。

むしろ、結婚願望は強いほうだったし、子供だってほしかった。

ただ、自分を持たない人との結婚だけは、したくなかったんです。

 

そんな時、ふだんはめったに見ないTVの番組を付けていて、ふと目を奪われました。

それは、海外の家族に密着し、その生活スタイルを知ろうという趣旨の番組でした。

そこでは、子供たちが、楽しそうに学校で学んでいたんですね。

 

学校では、詰込教育ではなく、考えさせる教育をしていました。

 

子供たちのはじけた笑顔がものすごく印象的でした。

そして家族は大勢いて、当り前のように一緒の食卓を囲んでいるんです。

 

昔の日本のような、強い家族の絆を感じましたね。

 

本当に子供を大切にしているのが、画面越しにも伝わってきたんですよ。

番組中、インタビューに、きびきびとした口調で答える外国人を見て、ふと思ったんです。

そういえば、「外国人は自己主張が激しい」なんて言われてるよなぁ、と。

でも、自己主張が激しいんじゃなくて、自分を持っているってだけじゃないの?

自分を持っていない人からすると、それが気持ち悪いだけなんじゃないの?

 

そんな考えが頭をよぎったんです。

 

ああ、視野が狭かったな、と反省しました。

どうして、自分を持っていない人との結婚を辞めたからといって、結婚そのものを諦めるように思っていたのか、と。

人間なんて探せば、たくさんいるじゃないですか。

 

ーーー外国人。

そう、外国人なら、自分の考えを持っている人が多いかもしれない。

一人で生きていくという選択肢が、「国際結婚」に置き換わった瞬間でした。

海外移住して、外国人の嫁さんを探すか。

それとも、日本で、外国人のお嫁さんを見つけるか。

 

迷う時間すらなく、前者は却下(笑

さすがに移住する度胸はありませんでしたので、国内で探そうと思いました。

 

このように考えたのが、ある年度の4月です。

そして、次の年度中には、かならず国際結婚しようと、固く決意したのです。

 

両親に、来年末までに国際結婚するぞって言ったら、猛反対されましたけどね。

まぁ、その話は、また別の機会にでもーーー

あわせて読みたい
国際結婚は両親に反対されて当たり前!説得するための方法は?
国際結婚は両親から反対されて当り前!最強説得法を伝授します!国際結婚を両親に打ち明けたところ、猛反対にあって困ってしまった。国際結婚ではよくあるパターンです。かくいう私も、両親に国際結婚を反対された一人なのですが。ただ、私は、その後両親を説得して、幸せな国際結婚をすることができました。国際結婚に反対する両親の心理にも触れながら、ノウハウをお伝えしていきます!...

 

MAKO
MAKO

以上、外国人と付き合ったことがない僕が、国際結婚をした2つの理由でした。

みなさんが国際結婚をする理由、国際結婚に興味がある理由は、いったいなんでしょうか?

 

その後…

秋が深まり、うっすらと肌寒くなりはじめる頃。

関東の山々では、色彩鮮やかな紅葉が、いよいよ本格的な見ごろをむかえる時期。

 

季節外れの台風が、日本列島を直撃して、例年よりも紅葉を楽しめる時間が短くなった日。

 

そんな秋の嵐が猛威を振るう日に、私は今の妻と挙式をしました。

 

本来は紅葉狩りが楽しめる、美しい寺院での神前式ーーー

 

残念ながら紅葉は散ってしまったけど、深紅の装飾が施された妻の赤ふきの白無垢姿は、普段一緒にいる私ですら、目を奪われてしまうほど美しかったのです。

それは、10月末のある日のこと。

私が国際結婚をしようと思ってから、ちょうど1年半後に迎えたフィナーレでした。

 

はじめは恨めしく思った台風ですが、むしろ結婚式を鮮明に記憶へと焼き付けるくれる、最高のアクセントになってくれましたね!

忘れようにも忘れられない深秋のある日、一組の国際結婚夫婦がひっそりと誕生したのです。

 

ここに来るまでは、本当に大変だったけど。

いろいろと悩んだり、苦労したりもしたけれど。

 

でも、私の判断は、間違っていませんでした。

国際結婚をして、本当によかった。

KEY愛してるよ~!

 

あわせて読みたい
国際結婚の7つのメリットとは?国際結婚すると人生が激変しますよ!日本人同士の結婚に比べて、何かと苦労が多い国際結婚… でも、国際結婚でしか味わえない良いことだって多いんですよ! ...