疑問 / 問題

あなたは大丈夫? 国際結婚で離婚しやすい人の4つの特徴とは?

離婚

国際結婚に興味はあるけど、離婚率が…お高いんでしょ?

 

国際結婚を選択肢として考えた時に、真っ先に心配になるのは離婚率のことでしょう。

パソコンで調べ物をして心配する日本人男性

とくに、一度結婚に失敗して、再婚相手として外国人を選ぶ方も多いでしょうから、余計に慎重になりますよね。

 

私も、一度日本人との結婚に失敗してから、国際結婚に興味を持ちました。

一番気になったのは、やはり離婚率のことです。たぶんみんな同じですよね(笑

気になってネットで調べると、「国際結婚の離婚率は70%!!

な~んてあおりまくってるし…

 

まぁ、これはもう一度後で触れますが、冷静に考えればそんなわけないでしょ(笑

それでも、「70%という離婚率は、本当かもしれない…

と思わせる「何か」が、国際結婚にはあるわけです。

 

その「何か」の正体がわかれば、国際結婚に向けて前向きなイメージを持てるはずです。

問題は、その「何か」っていうのがなんなのか、ということですよね?

 

その問いに対する、私なりの答えをお伝えします。

不気味な影を怖がる子供

それは、言葉の違いや文化の壁といった、日本人同士の結婚にはない要素に対する不安に他なりません。

国際結婚という、今までなじみがなかった新しい世界へ、足を踏み入れることに対する恐怖なんです。

知らないものを怖がるのは、人間としての本能でしょう。

まずはこの記事で、国際結婚に向かない人の特徴を知ってください!

どういう人が、国際結婚で離婚しやすい人なのかを、知識として定着させましょう!

◆ 国際結婚では、どのようなことに気を付ければよいのか?

◆ 国際結婚に向けて、どのような部分を改善していけばよいのか?

知ることで、国際結婚への不安が解消されますし、知ることによって、対策ができるようになります。

 

お察しの通り、国際結婚は、日本人同士の結婚とはまったく違います。

だから、日本人同士の結婚でうまくいったとしても、国際結婚ではうまくいかないかもしれません。

逆に、日本人同士の結婚でうまくいかなくても、国際結婚ではうまくいくかもしれないのです。

 

国際結婚に興味がある方は、勇気をふり絞って第一歩を踏み出しましょう!

 

1.国際結婚したカップルの10組に7組が離婚する??

と、その前に!

まずは、この間違った情報を正しておきます、はい!

 

そもそも70%という数値ですが、これは特殊離婚率といわれるものです。

特殊離婚率は、以下の算式により求めます。

特殊離婚率 = その年の離婚件数 / その年の婚姻件数

 

きっとあなたは、離婚率と聞くと「結婚した●件のカップルのうち、何件が離婚するのか?」とイメージすると思います。

しかし、特殊離婚率では、そのような分析を行うことは難しいのです。

 

もしも、婚姻のトレンドと離婚のトレンドが同じなら、特殊離婚率こそ、あなたの知りたい情報になるでしょう。

しかし、婚姻と離婚のトレンドが違ったらどうでしょうか?これは、あなたが知りたい情報ではないですよね!

 

ところで、一般的には、婚姻から離婚の年数まで、結婚している期間があるはずです。

そうすると、結婚期間分だけ、離婚のトレンドは婚姻トレンドよりも遅れますよね。

つまり、特殊離婚率が●%という分には問題ないのですが、これを●件に1件が離婚している、という使い方をすると、それはウソということになります。

国際結婚をしたカップルの10組に7組が離婚するという話。これは、マスコミが面白がってインパクトを求めて広めた話で、まったく実態から乖離したありえない数値です。

これに関しては、一切気にする必要はありません。

 


婚姻期間を加味した離婚率知りたい方は、こちらの記事にまとめてあります。

国際結婚 10組中7組が離婚はウソ!
まだ国際結婚の離婚率70%=7割の夫婦が離婚してると思ってるの?あなたは国際結婚の離婚率は70%という話を聞いたことがありませんか?「え…国際結婚って、10組中7組も離婚しているの?」と思いますよね。…でも、本当にそんなに離婚しているんでしょうか?いくら何でも高すぎるとおもいませんか?国際結婚の離婚率に興味がある方は、ぜひお読みください。...

 

 

2.国際結婚で離婚しやすい人 4つの特徴

離婚率の問題が片付いたところで、いよいよ本題に移りましょう。

ここでは、国際結婚に向いていないであろう人の特徴を、4つピックアップしました。

もう少しはっきり言うと、離婚しやすい人の特徴です(笑

 

まず、日本人同士の結婚と、国際結婚は別物であることを、思い出してくださいね。

日本人同士の結婚だと、全然問題にならないことが挙がっているかもしれません。

 

でも、国際結婚では離婚につながる可能性があるポイントばかりです。

あなたに思い当たる節があれば、できるかぎり改善の工夫をしていきましょう!

 

(1)自分の気持ちを表現するのが苦手な人

同僚に責め立てられて、顔を覆う日本人男性

外国人は、比較的、自分の意見をはっきり言う人が多いです。

「外国人の性格はきつい」といわれることもありますね。

 

一方、日本人は、寡黙が美徳とされるところがあり、自分の意見を言うのが苦手な人もいます。

これは、国際結婚において、確実にマイナス要素であり、不向きな性格です。

 

とくに年配の方は、背中で語ろうとする方が多いように思います(笑

年配の方
年配の方

黙っていても、見ればわかるだろ!

 

いえいえ、外国の方はわからないです。

なぜならば、そういう文化の中で育っていない方が多いですから

彼らの多くは、思考を言葉に出して、コミュニケーションをとる文化です。

だから、私たちが見ればわかる、と思っていることも、本当に彼らは気が付いていないことも多いんですよ。

 

たとえば、電車の中で騒ぐ外国人の親子。

インバウンドの方が増えて、よく見かける光景ですよね。

「本当に常識がないなぁ」

と思われる方も、多いのではないでしょうか?

でも、外国の方って、本当に気が付いていないだけので、指摘されると、はっとして、すぐに改めることが多いんです。また、本人が気が付いていないことを指摘してあげると、お礼を言って、喜んでくれることだってあります。

日本人は、やっぱり相手に言いづらいから、目線を送ったり、咳ばらいをしたりして、相手に気づいてもらおうとします。で、それで通じちゃったりする(笑

暗黙の了解や以心伝心という概念は、日本独自のものとも言われます。

空気を読む、これも日本独特の概念らしいですよ!

このように、言葉にしなくてもコミュニケーションが取れるというのは、日本の素晴らしい文化だと思います。クールな感じがして、かっこいいですしね。

でも、言葉やジェスチャーによる、直接的なコミュニケーション文化だって、同じように尊重されるべきです。外国人と仲良くなると、本音でぶつかり合えるので、とても気持ちのいい関係が築けるはずですよ!

 

(2)異質を許容できない人

ソファに座り口論する夫婦

異質を許容できない人は、国際結婚に向きません。

これだけだとわかりづらいので、ちょっと例をあげてみますね。

異質を許容できない人
  • 自分と異なる意見を、認められない人
  • 自分と異なる文化に、まったく関心がない人
  • 自分の価値観こそが、絶対に正しいと信じている人

こういう方は、絶対に国際結婚には向きません。

というよりは、結婚そのものに向かない可能性があります。

…あなたは、あてはまりませんでしたよね!?(笑

 

結婚とは、赤の他人である2人が、新しい家族関係を構築することです。

赤の他人なんだから、育った環境や文化的背景が違ってあたりまえです。

もちろん、お互いの考え方もまるで違います。それがあたりまえ。

 

でも、いつも相手を否定することで、自分の優位性を保ちたがる人っているんですよね。

もちろん、パートナーのいっていることや、パートナーのやっていることが、倫理的に間違っているのであれば、それは指摘してあげる必要があります。

高圧的な態度で妻と子供に向かう

でも、そうではない場面で、もっと言ってしまうとありとあらゆる場面で、マウントをとらないと気が済まない人がいるんですよ。

 

自分に自信がない人なんでしょうけど、される方はたまったものではないでしょう…

パートナーが日本人であれば、空気を読んで「まぁ、いっか」となるかも知れません。

でも、国際結婚であれば、そのつど口論に発展しますよ。

だって、外国人はおとなしくマウントを取らせる、なんてことはしませんから。

 

外国人は、自分なりの考え方やポリシーを持っている方が、とても多いんです。そして、自分を形成する家族や文化的な土壌に、高いプライドも持っている。

だから、自分の考え方が違う、といわれた時には、言葉によってコミュニケーションを図ろうとします。

 

これが、マウントを取りたい人からすると、非常に腹が立つわけですね。

いちいち口応えするんじゃねぇ!

…夫婦喧嘩が絶えない日々のはじまりです。

 

相手と違う部分の発見は、結婚の楽しみの1つ!?

面白い発見をして、楽しく笑う夫婦

結婚は、他人同士が新しい家族関係を作ることです。

だから、お互い思っていることや感じることが違って当たり前。

 

結婚生活とは、その違いを発見し、驚き、成長し、楽しむ場所です。

 

日本人同士の結婚でも、国際結婚でも、この本質が変わることはありません。

ただ、国際結婚の方が、お互いに違う部分が多くあるのです。

 

違いを楽しめるのであれば、国際結婚は最高のステージになります。

いっぽうで、違いが楽しめないのであれば、国際結婚をすることで、つらい日々を過ごすことになりかねませんよ。

 

 

(3)外国人を下に見る人

国際結婚をしていると、いまだにこういう人たちがいることを実感します。

この記事を読んでいる人に、あてはまる人はいないと思いますが。

 

これは、はっきりいって論外ですね。

間違いなく国際結婚には向かない…というか、してはいけない方です。

パートナーを見下すような関係が、長続きするはずがありません。

外国人コミュニティは情報の伝達が早いですから、一人が愚かな行動をとれば、すぐにそれが仲間内に広がっていきます。本当に迷惑ですので、こういう人には、絶対に国際結婚をしてほしくないです。

 

高齢者が、身の回りの世話役が欲しいという理由で、国際結婚相談所にお金を支払って外国人の嫁を紹介してもらうというパターンが、すぐに思い浮かぶパターンでしょう。

若い人であっても、お金さえ払えば外国人の嫁さんを紹介してもらえる、という感覚が少しでもある方は、これにあてはまると思ってください。

国際結婚相談所の利用を検討されている方!大丈夫ですか?あてはまりませんか?(笑

 

外国人への対応で、国際結婚相談所の良し悪しが分かる?

男性結婚相談員と話す女性会員

国際結婚相談所は、非常にあたりはずれが大きいです。

良いところにたどり着ければよいですが、運悪くひどい国際結婚相談所に当たってしまうことだって十分考えられます。

 

国際結婚相談所の良し悪しを見抜くポイントはいくつかありますが、「○○人の女性はどんな人が多いですか?」と聞いてみてください。

そして、外国人をどのように思っているか、発言をよく観察しましょう。

じつは、国際結婚相談所の相談員は、かなりの割合で外国人を下に見ています。

それは、露骨に発言へ現れますから、簡単に悪い業者を見抜けるんですよ。

 

外国人の方を尊重しない相談所で、幸せな国際結婚ができるはずがありません。私は、このような業者は、すぐに利用を控えていました。

 

(4)相手の家族を大切にしない人

親族一同が集まって記念写真

濃密な家族関係が苦手!という方は、国際結婚に向いていないかもしれません。

 

日本では、核家族が崩壊し、親族間のつながりが、昔よりも希薄になっています。

結婚しても、相手の家族と距離を置きたいという人も、少なくないのではないでしょうか?

義両親とはまったく連絡を取らず、会うのは年始だけという話もよく聞きます。

 

でも、特にアジア圏については、まだまだ親族間のつながりが強い傾向があります。

KEY
KEY

中国では、親族100人以上いるのが当たり前ですヨ!

みんな仲良しデス!

外国人と結婚するということは、相手の親族の一員になる、ということです。

 

長期休暇中、配偶者は自分の家族を、日本に招こうとするかもしれません。

相手の親族から、お金の工面を頼まれる可能性もありますね。

逆に、あなたが困っているときには、親身になって助けてくれるはずです。

 

どうでしょうか?

日本の親族関係とは、明らかに密度が違いますよね?

こういった親族関係はムリ!という方は、国際結婚に向いていないかもしれません。

NGルールを決めるなら、最初が大切!

義両親に、できないことを説明している

親族になるからといって、すべてパートナー側の言いなりになる必要はありません。

親しき中にも礼儀あり、ではありませんが、あなたが本当に嫌なことは、きちんとわかってもらう必要があります。

それは、お互いが本当の信頼関係で結ばれるために必要なことですし、まったく失礼なことではありません。

 

このNGルールは、できることなら結婚前に伝えておくべきでしょう。

一度受け入れてしまうと、そのあと変えていくのはなかなか大変です。なるべく早いタイミングで、パートナーの親族に伝えておくのがベストです。

 

私は国際結婚をする前に、私からの一方的な金銭支援に終始する親族関係は避ける、ということを決めていました。

なので、お見合の際、私が継続的な金銭支援(仕送り)はできないことも、はっきりと妻に伝え、妻も了承してくれましたよ。

とくに、お金がからむ内容であれば、結婚前に相談することが重要です。

 

3.まとめ

この記事のまとめ

  • 国際結婚の離婚率はそこまで高くはありません。
  • 向き不向きを知っておく必要があります。
  • 外国人は、自分の意見をはっきり言う傾向があります。
  • 国際結婚で、マウントをとろうとする行為はNGです。
  • 外国人を下に見る人は、国際結婚をしてはいけません。
  • 外国人と結婚するという事は、相手の親族の一員になるという事です。
  • あなたが、相手の親族のパトロンになるのは、オススメしません。

国際結婚の離婚率に関しては、過剰に煽られたイメージがあるので、そこまで心配しなくてもよいことをお伝えしました。

でも、やっぱり国際結婚=離婚というイメージは、そう簡単には消えないと思います。

 

まずは、国際結婚において、どんな人が離婚につながりやすいのかを知りましょう。

もしあなたに、その特徴が当てはまるなら、意識をして改善してみてください。

そうすることで、根拠のない不安が徐々に消え、前向きな気持ちが生まれてくるはずです!

 

今回も、最後までお読みいただき、ありがとうございました!

国際結婚に向いているのはこんな人!3つの特徴を教えちゃいます! 国際結婚に興味はあるけど、自分が国際結婚をしても大丈夫なのかな? これは、国際結婚をしようと思った人なら、一度...
国際結婚 10組中7組が離婚はウソ!
まだ国際結婚の離婚率70%=7割の夫婦が離婚してると思ってるの?あなたは国際結婚の離婚率は70%という話を聞いたことがありませんか?「え…国際結婚って、10組中7組も離婚しているの?」と思いますよね。…でも、本当にそんなに離婚しているんでしょうか?いくら何でも高すぎるとおもいませんか?国際結婚の離婚率に興味がある方は、ぜひお読みください。...
こちらの記事も読まれています