離婚/離別

配偶者との離婚や死別によって、永住ビザは取り消しになるの?

離婚や死別によって永住ビザは取り消しになるの?
永住権女性
永住権女性
もう夫の考え方にはついていけない!…離婚を考えているんだけど、離婚すると永住ビザも取り消しになるの?

お相手が日本人であれ、外国人であれ、育ってきた環境や文化が異なれば、考え方だって違って当たり前です。それが男女ともなれば、やはりすれ違いも多く生じますよね。

この様な場合、ムリに夫婦関係を継続するより、お互いの道を歩んだ方が正解ということだって十分に考えられます。

ただ、国際結婚が難しいところは、そこに「ビザの問題」が絡んでくることですね。

もしも、次のような悩みをお持ちであれば、ぜひこの記事をお読みください!

  • 離婚後のビザのことが心配で、離婚に踏み切ることができない!
  • 将来パートナーが亡くなった後、ビザがどうなるのか不安がある
KEY
KEY
ぜひ最後までお付き合いくださいネ♪

 

信頼できる行政書士をお探しの方は、以下の関連記事を参考にしてください。

関連記事1:知らなきゃ損!絶対に後悔しない行政書士の選び方とは?【国際結婚】

関連記事2:行政書士をお探しの方必見!【無料】でエリート行政書士をご紹介します!

日本人配偶者との離婚等では、永住ビザは取り消されない

離婚や離別があっても永住ビザは取り消されない

結論からいうと、あなたが持っている永住ビザは取り消されません。

仮に離婚や死別などで日本人配偶者との生活が終了したとしても、日本での生活を続けたければ、今まで通りに生活することが可能ですよ。

あなたが離婚を考えているのであれば、永住ビザのことを気にして、離婚を我慢する必要は一切ないのです。

お子さんのことをどうするのか、離婚後の生活費や住居をどうするのかなど、本来時間をかけて考えなければいけないことに、エネルギーを使ってください。

永住権女性
永住権女性
私は離婚後も日本で生活したかったので、永住ビザが取り消されないと分かって、とてもうれしいわ。

ちなみに、永住ビザが取り消されるのは、次の4つに該当するときだけです。

  1. 犯罪等を犯して強制退去処分になる
  2. 過去のビザの申請等で、虚偽の申請や書類の偽造が発覚する
  3. 再入国許可の期限(みなし含む)を超えて、再入国する
  4. 90日以内に新たな居住地を届け出ない

この4つに含まれていないということは、離婚しても永住ビザは取り消されない、ということですね。

ただ逆にいうと、①~④に該当することを行ってしまうと、せっかくの永住ビザが取り消されてしまうということでもあります。

この点に関しては、シッカリと注意しておく必要がありますね!

永住権女性
永住権女性
離婚後に引っ越しすると思うから、転出届・転入届の提出を忘れないようにしないとね。

永住ビザが取り消しになる4つのケース
永住権がなくなるかも?永住ビザが取り消される4つの事柄近年、永住ビザの審査は大変厳しくなっており、審査期間も長期化の傾向があります。せっかく苦労して手に入れた永住ビザが、取り消されてしまうことがあるってご存知でしたか?この記事では、永住ビザが取り消しになる4つのケースについて解説しています。ぜひ、参考にしてくださいね。...

離婚等で取り消し = 〇配偶者ビザ ×永住ビザ

離婚や死別によって在留資格が取り消されるのは、日本人の配偶者等(配偶者ビザ)

では、なぜ多くの人が「離婚すると永住ビザが取り消される」と勘違いしているのでしょうか?

その答えは、ズバリ在留資格「日本人の配偶者等」(いわゆる配偶者ビザ)の存在ですね。

入管法第22条4項7号には、以下のような内容が記載されています。…ちょっと長くて読みづらいですから、太字にした部分だけ読んでください(笑)

出入国管理法第22条(在留資格の取り消し)

日本人の配偶者等の在留資格(日本人の配偶者の身分を有する者(兼ねて日本人の特別養子(民法(明治二十九年法律第八十九号)第八百十七条の二の規定による特別養子をいう。以下同じ。)又は日本人の子として出生した者の身分を有する者を除く。)に係るものに限る。)をもつて在留する者又は永住者の配偶者等の在留資格(永住者等の配偶者の身分を有する者(兼ねて永住者等の子として本邦で出生しその後引き続き本邦に在留している者の身分を有する者を除く。)に係るものに限る。)をもつて在留する者が、その配偶者の身分を有する者としての活動を継続して六月以上行わないで在留していること(当該活動を行わないで在留していることにつき正当な理由がある場合を除く。)。

これは配偶者ビザで日本に滞在していて、日本人と離婚等をした時は、別の在留資格に変更しなさいということです。「日本人の配偶者」という身分ではなくなるためですね。

もしも、離婚等をした場合には、具体的には次の2点を行わなければいけません。

  • 離婚等が生じた日から14日以内に届出
  • 適切な在留資格へ6ヵ月以内に変更

14日以内に日本人と離婚等が生じた旨を届けでて、かつ、6ヵ月以内に在留資格の変更手続きを行う必要があるのです。

KEY
KEY
もしも、その人の状況にマッチする在留資格がないと、帰国しなければいけマセン…

配偶者ビザで滞在している方は、離婚する際に注意が必要になります。

永住権女性
永住権女性
永住ビザに変更しておいて、本当に良かった!

この手続きの詳細は、こちらの記事で説明しています

【日本人・永住者の配偶者】離婚や死別の後に行うべき2つの手続き
【日本人/永住者の配偶者】離婚や死別の後に行うべき2つの手続きこの記事では、日本人/永住者の配偶者ビザ・家族滞在ビザで滞在している外国人が、配偶者と離婚・死別をした場合にするべき2つの手続きについて解説しています。離別後、14日以内に行う手続きもありますので、事前に知識として知っておくことが重要ですよ。...

永住者の配偶者等ビザは、在留資格取り消しの対象!

永住者の配偶者等についても、日本人の配偶者等と同様、離婚等の場合には在留資格の変更が必要になる

永住ビザをお持ちの外国人同士のご夫婦は、少しだけ注意が必要です。

というのも、おそらく旦那さんが「永住ビザ」で、奥様は「永住者の配偶者等」というビザで滞在されているケースがあるからです。

先程、入国管理法第22条をご紹介しましたが、あらためて内容をご覧ください。

出入国管理法第22条(在留資格の取り消し)

日本人の配偶者等の在留資格(日本人の配偶者の身分を有する者(兼ねて日本人の特別養子(民法(明治二十九年法律第八十九号)第八百十七条の二の規定による特別養子をいう。以下同じ。)又は日本人の子として出生した者の身分を有する者を除く。)に係るものに限る。)をもつて在留する者又は永住者の配偶者等の在留資格(永住者等の配偶者の身分を有する者(兼ねて永住者等の子として本邦で出生しその後引き続き本邦に在留している者の身分を有する者を除く。)に係るものに限る。)をもつて在留する者が、その配偶者の身分を有する者としての活動を継続して六月以上行わないで在留していること(当該活動を行わないで在留していることにつき正当な理由がある場合を除く。)。

…実は「永住者の配偶者等」も、先ほどの配偶者ビザと同じ扱いになるんです。

  • 離婚等が生じた日から14日以内に届出
  • 適切な在留資格へ6ヵ月以内に変更

外国人同士のご夫婦で、お一人だけ「永住者」の場合「永住者の配偶者等」ビザで滞在されている方には、離婚に関して大きなリスクが生じます。

また、年齢を重ねていけば、配偶者との死別リスクも上昇しますが、離婚も死別も取り扱いは同じです。

永住権女性
永住権女性
「永住者」を持っている人はいいけど、「配偶者」の立場がものすごく弱くない…?

「永住者の配偶者等」夫婦は、帰化を選択するケースも。

旦那さんが帰化して、奥さんが永住ビザとすることが多い

今後も長く日本で生活する外国人夫婦の場合、先程のリスクを減らす手段として、帰化を用いることがあります。

旦那さんが「帰化」、奥さんが「永住ビザ」で滞在することで、万が一不測の事態が起こっても、その後の生活に支障がないようにするのです。

私が知っている範囲だと、この様な形でリスクヘッジをしているのは、中国人同士のご夫婦に多いような気がします。

いずれにせよ、「永住者の配偶者等」はとても弱い立場ですので、十分に気を付けてくださいね。

永住と帰化どっち?
永住ビザと帰化の違いとは?10個の観点から徹底比較してみた!この記事では、永住と帰化の違いを分かりやすく丁寧に解説します。永住と帰化は、どちらが良くてどちらが悪いというものではありません。どういった要素を重視するのかによって、どちらが最適なのかは異なるのです。この記事では、永住と帰化を10つの観点から比較できますよ!...

離婚や死別で永住ビザは取り消される? ~まとめ~

離婚や死別で永住ビザは取り消されない

いかがでしたか?

離婚等の離別によって、永住ビザが取り消されないことは、ご理解いただけましたか?

安易に離婚をオススメするわけではありませんが、もしも、あなたが今、永住ビザをお持ちであれば、ビザを理由に離婚を我慢する必要はありません。

ビザのことは心配せず、お子様のこと、今後の生活のことなどを、後悔しないようにシッカリと考えてください。

ただ、同じような立場でも、扱いがガラッと変わる「日本人の配偶者等」と「永住者の配偶者等」は注意が必要です。該当する在留資格がない場合、最悪”帰国”を余儀なくされることを視野に入れなければなりません。

この場合には、残念ながらビザのことも考えながら、行動せざるを得ないでしょう。

離婚の時期なども含めて、よくお考えの上、行動を起こすようにしてください。

 

信頼できる行政書士をお探しの方は、以下の関連記事を参考にしてください。

 

今回も、最後までお読みいただき、ありがとうございました!

外国人が日本の永住権申請前に知っておくべきこと。そもそも日本の永住権ってどんなもの?
日本の永住権って何だろう?永住ビザ申請前に知っておくべきこと【まとめ】あなたは、日本の永住ビザについて、正しい知識を持っていますか? そもそも日本における永住権って、どういうものか正確に説明できますか? ...

ビッグワード「国際結婚」で検索結果1位

当サイト(次世代国際結婚スタイルInmarri)が、「国際結婚」と検索すると、1位で表示されるようになりました!

これは検索エンジンから、「国際結婚ジャンルにおけるNO1サイト」と評価されたということです。

これからも、国際結婚に役立つ情報を、あなたにお届けしていきます。

応援のほど、ヨロシクお願い致します!

次世代国際結婚スタイルInmarriの記事更新情報をリアルタイムに受け取れます!