疑問 / 問題

バツイチでも再婚できる?日本人女性と外国人女性からの見られ方!

子連れ同士の結婚式

再婚はしたい!でも、バツイチだしなぁ…大丈夫かな?と心配される方も多いと思います。

 

私は、過去に日本人女性と結婚し離婚をした、いわゆるバツイチです。

私も離婚後、再婚したいなぁと思ったとき、バツイチであることをとても不安に思いました。まったく相手にされないんじゃないか、バツイチと明かした瞬間に目もあわせてもらえないんじゃないかと…

MAKO
MAKO
でも、離婚後に日本人女性ともお付き合いしましたし、その後、中国人女性と結婚することもできました。

ハッキリいいましょう!な~んにも心配する必要はありません!

 

簡単に私の経歴をお伝えすると、こんな感じです。

  • 35歳 半年以上の別居期間を経て、11歳年下の日本人女性と離婚
  • 35歳 離婚後、7歳年下で旧知の日本人女性(初婚)と交際
  • 36歳 12~15歳年下のベトナム人(初婚)と現地お見合
  • 37歳 9歳年下の中国人と国内お見合、半年の交際後結婚

心配はないといいましたが、トラブルや注意点がゼロかというと、そういうわけではありません。

MAKO
MAKO
私の経験を踏まえて、バツイチ男性がどのように見られているのかをお伝えしてきます。

男性目線の記事になってしまいますが、ご了承ください。

1.女性との交際でバツイチは問題にならない

観覧車を背景に写真を撮るカップル

まだ年齢が30代ということも影響していたかもしれませんが、バツイチが何かハンディなったという感覚はゼロですね。

日本人女性には、離婚原因を尋ねられた

付き合う段階では、バツイチはまったく問題になりませんでした。

こちらを見つめて、疑問を投げかけてくるアジア人女性

日本人女性は、やや気にしていた感じもありましたが、どちらかというと、バツイチという事実ではなく、なぜ離婚をしたのかが気になっているようでした。

 

離婚原因は何だったのか、どちらに離婚の原因があったのかなどを、聞かれた記憶があります。

MAKO
MAKO
相手の方は、まだ20代でしたから、もう少しバツイチを気にするかと思っていました。30代、40代と年代が上がるにつれ、バツイチを気にしない方が増えると思います。

ただ、お付き合いが進むにつれ、前妻はどうだったのか?と気にしたり、比較したりするようになりました。これは個人差があるかもしれませんが、相手の女性が気にする気持ちもよくわかります。

MAKO
MAKO
男性がフォローしてあげなければいけない部分ですね。

外国人女性には、離婚原因を尋ねられなかった

ベトナムの方と、中国の方は、いずれもお見合でしたが、バツイチを気にされていた様子は、ほとんどありません。お見合もすんなりセッティングされましたし、実際お会いしても離婚原因を聞かれることはなかったです。

美しいアジア系女性が微笑んでいる

外国人女性の場合、生活に直接影響しない要素については、優先順位が下がる印象を受けています。バツイチが、結婚生活に直接影響するでしょうか?しないですよね。

でも、子連れだったらどうでしょう?新しい生活の形、というより家族の形に、大きな影響を及ぼしますよね?これは、気にする女性も多いように感じます。

花飾りを髪につけ、はにかむアジア系女性

両親との同居や、農家への嫁ぎが不人気な理由も、同じ理屈で説明できます。

 

そのほか、年収や職業なども、外国人女性が重要視する項目です。外国人女性は、結婚後の生活を見据えた、かなり現実的な見方を男性に対して行ってきます。

国際結婚経験者が語る!年収はいくら必要なの?300万円で足りる?
国際結婚経験者が語る!年収はいくら必要なの?300万円で足りる?国際結婚には興味があるけど、どれくらいの年収があれば大丈夫なの?国際結婚へ興味がある人の割合は、20代~30代の男性で60%以上にものぼります。あなたがその60%に入っているなら、ぜひこちらの記事は読んでおきましょう。きっと、お役に立てる内容だと思います。...

日本人女性はどうかというと、あまり条件にはこだわっていない気がしますね。いや、条件から男性を見ることには間違いないんですけど、最初だけというか。

観光地で楽しく過ごす日本人カップル

どちらかというと、気持ちのほうを重視する気がします。だから、離婚の理由をしっかり納得したいし、納得できて、愛情が芽生えれば、年収などの条件はほとんど問題にならなくなります。

MAKO
MAKO
いずれにせよ、バツイチは婚活市場でさほど問題にならないということです。

特に、外国人×お見合の場合、バツイチは全くと言ってもいいほど、気にしなくてよいでしょう。もしも、気にする女性がいたとしても、お見合申し込みの段階で、断りを入れられるはずです。実際にお見合をする女性は、バツイチについては気にしていない女性がほとんどどです。

2.再婚の最大の障害は、彼女のご両親!?

お義父さん説得するカップル

離婚後、日本人の女性とお付き合いしているときに、彼女の両親から食事へ誘われたことがありました。そりゃあ、娘の付き合っている男のことは気になるよなぁ、なんて思って、お会いしたんですよね。結果、どうだったと思いますか?

彼女「離婚してすぐ別の女性と付き合う男はロクなもんじゃない、って両親に言われた」

 

…え、待って、なにそれ!?一瞬、自分の耳を疑いました。

私は子供もいないし、慰謝料だって払ってない。そういう離婚だったことは、彼女にも十分伝えていたはずです。そもそも半年超の別居期間を経ての協議離婚です。

「離婚して」という部分が、「前の恋人と別れて」だったら、何もいわないでしょ?そもそも恋人のケースは、半年のクールダウン期間すらないじゃないですか。何で「離婚して」だとロクでもない男になってしまうのか?ロジックがムチャクチャすぎて理解が追いつきませんでした。

そもそも離婚原因は、子供を作るかどうかという人生観の相違です。未熟だったかもしれませんが、私なりに夫としての務めは果たしていた自負はあります。

MAKO
MAKO
だからこそ、離婚後すぐに新しい人生へチャレンジしようと思えたんです。

残念ながら、それからその女性とはだんだんと距離が開いていきました。

公園のベンチで別れ話をする二人

彼女のご両親の意見をおかしい、と面と向かって言ったこと。そして、彼女が、ご両親の意見を跳ね返せるほど、精神的に自立していなかったのも大きいです。

 

そこから、別れの日まではそれほど時間はかからなかったですね。

MAKO
MAKO
こちらがバツイチで、日本人女性がある程度若い場合、あちらのご両親に反対される可能性があることは、考慮しておいたほうがよいでしょう。
KEY
KEY
反対理由は理屈じゃなくって、バツイチに娘はやりたくない!という感情ですネ。
MAKO
MAKO
人によるんでしょうが、団塊世代の方は、まだバツイチへの偏見がある人が多いのかもしれません。

 

話は変わって国際結婚の場合、日本の親が反対するのはわかるんですが、パートナーのご両親が、「国際結婚だから」という理由で反対することってあるんですかね?日本人よりも精神的に自立している人が多いので、子供の考えを尊重するようなイメージがあります。

KEY
KEY
ネットを調べてみまシタ。反対しているのは日本側の親が多いデスね。
国際結婚は両親に反対されて当たり前!説得するための方法は?
国際結婚は両親から反対されて当り前!最強説得法を伝授します!国際結婚を両親に打ち明けたところ、猛反対にあって困ってしまった。国際結婚ではよくあるパターンです。かくいう私も、両親に国際結婚を反対された一人なのですが。ただ、私は、その後両親を説得して、幸せな国際結婚をすることができました。国際結婚に反対する両親の心理にも触れながら、ノウハウをお伝えしていきます!...

 

3.バツイチになった理由は、彼女に説明するべき?

ソファで対面して真剣な会話をするカップル
MAKO
MAKO
はい。相手が聞いてこようがこまいが、自分を知ってもらう意図でお伝えするべきですよ!

 

離婚はかならず自分にも元パートナーにも、どちらの側にも悪いところがあったはずです。これを包み隠さず話すことで、あなたに対する信頼感は増すはずですよ。

悪いところはしっかりと反省していることを伝えましょう。元パートナーに理解してもらえなかったことを、次の結婚では理解してもらいたいことを伝えましょう。

バツイチであることは、恥ずかしいことでも何でもありません。あなたの人生における、大きな経験です。けっして胸を張れるようなことではないけれど、本当の幸せをつかむために必要なことだったのです。

それをわかってもらえる相手を、新しいパートナーとするべきですし、そのためには、あなたがしてきた経験を積極的に話すべきでしょう。

 

4.バツイチでも再婚できる? ~まとめ~

夕焼けの海岸で手をつなぐカップルのシルエット

いかがでしたか?

お付き合いの段階で、バツイチがハンディになることは、経験上ないと言い切れます。…一部で言われているように、バツイチがモテるということはありませんでしたが(笑

バツイチであることは誇れることではないですが、恥ずかしいことでもありません。

MAKO
MAKO
自信をもって、積極的に恋愛を楽しんでください!

結婚相手を探すとなると、日本人の場合には、相手のご両親に反対されることは覚悟しておきましょう。

一方、国際結婚の場合には、相手のご両親に反対される可能性は、グッと低くなると思います。この機会に、国際結婚を選択肢に加えてみては、いかがでしょうか?

 

今回も、最後までお読みいただき、ありがとうございました!

こちらの記事も読まれています