疑問 / 問題

国際結婚で再婚してわかった…外国人はバツイチの捉え方がちょっと違う

子連れ同士の結婚式
name
name
再婚したいなぁ…でもバツイチだし、大丈夫かなぁ?

name
name
年齢も年齢だし、再婚するなら国際結婚しかない…?

この記事は、離婚をしそうな人、または、離婚した直後の人を対象としています。バツイチの再婚について扱った記事内容です。

 

私は、日本人女性との離婚経験がある、いわゆるバツイチです。

あなたは、「バツイチ」と聞いて、どのような印象を持つでしょうか?

  • なんとなく性格や趣向に問題がありそうだよね
  • 知人としてはいいんだけど、恋愛対象にはならないなぁ…

私自身、実際にバツイチになるまでは、バツイチに対して、どちらかというとマイナスのイメージを持っていました。

ですから、再婚後しばらくして「そろそろ再婚したいなぁ」と思ったときも、バツイチであることを、大変不安に感じたのです。

  • バツイチの自分なんか、まったく相手にされないんじゃないか
  • バツイチと明かした瞬間に、気まずい雰囲気になるんじゃないか

 

結論から言いますと、それはまったくの杞憂でした。

離婚後に日本人女性とお付き合いしましたし、その後、中国人女性と再婚もしました。

もちろん、彼女たちには「バツイチ」であることを告白したうえで、交際を始めていますよ。

最初はドキドキしながらバツイチを明かしたのですが、女性の反応は、私が想像していたものとは、だいぶかけ離れていた、というのが実際のところです。

バツイチだからと言って、気後れする必要はなにもなかったんですよね。

 

この記事では、バツイチがどう見られているのか? また、再婚の時にはどんなポイントがチェックされるのか? 体験をもとに書いていきたいと思います。

おもしろかったのは、日本人女性と外国人女性で、バツイチに対する捉え方が違ったいうことですね。再婚に対して求めるものも異なります。

これから再婚に向けて婚活しようとしている人や、離婚をして自信を失っている人は、こちらの記事内容を参考にしていただけると思います。

KEY
KEY
興味がある方は、ぜひ最後までお読みくださいネ♪

私の体験を軸に記事が進行しますので、簡単に私の経歴だけご紹介します。

  • 35歳 半年以上の別居期間を経て、11歳年下の日本人女性と離婚
  • 35歳 離婚後、7歳年下で旧知の日本人女性(初婚)と交際
  • 36歳 ベトナム人(初婚)と現地お見合、初めての外国人婚活
  • 37歳 9歳年下の中国人(再婚)と国内お見合、半年の交際後結婚

1.バツイチ男が日本人女性と再婚寸前までいった話

観覧車を背景に写真を撮るカップル

私は離婚後しばらくして、何度か飲みに行った日本人女性とお付き合いしました。

気になるのは、バツイチがどう影響したのか?ってことだと思います。

 

結論から言えば、バツイチがハンディになったか?というと、そういう感覚はゼロです。

バツイチであることを告白すると、距離を置かれてしまうのではないか?と、ものすごく怖かったのですが、むしろエールを送ってくれました。

彼女とお付き合いする前、他の日本人女性とも遊びに行きましたが、正直同じような反応だったんですよね。ですから、バツイチを気にする人は、思ったより少ないんだなぁ、という印象を持っています。

MAKO
MAKO
当時、まだ私は30代中盤でした。比較的年齢が若めだった、というのは影響しているかもしれません。

(1)日本人女性は、再婚相手の離婚原因を気にする傾向?

こちらを見つめて、疑問を投げかけてくるアジア人女性

日本人女性と付き合うときに、バツイチはまったく問題になりませんでした。

ただ、彼女と付き合った後は、バツイチであることを痛感することになります。

お相手の日本人女性は、バツイチという事実は気にしませんでしたが、なぜ離婚したのかについては、とても気になっている様でした。

  • 離婚の原因は何だったのか?
  • どちらに離婚の原因があったのか? など

離婚の原因を、けっこう根掘り葉掘り聞かれた記憶があります。

彼女以外からも、かなりの確率で離婚原因は聞かれましたね。日本人女性は離婚原因を気にする人が多いのかも知れません。

KEY
KEY
DVやモラハラってこともあり得ますからネ…

 

いずれにしても、お付き合いした彼女は若かったですので、バツイチという事実に引っかかると思っていましたが、それは杞憂でした。「バツイチ」の事実そのものは、ほぼスルーだったというのは、個人的にはかなり意外に感じた部分です。おそらくですが、30代、40代と年代が上がるにつれ、バツイチを気にしない方が増えるのではないでしょうか。

ちなみに、これは完全な余談ですが…

彼女とお付き合いが進むにつれて、前妻はどうだったのか?と気にしたり、自分と比べてどうだったのかと比較したりするようになりました。これは個人差があるかもしれませんが、男性がフォローしてあげなければいけない部分だと思います。

(2)日本人女性との再婚のハードルはご両親!?

お義父さん説得するカップル

彼女とのお付き合いが進むと、だんだんと再婚を意識するようになりました。

そんなある日、彼女のご両親から食事へ誘われたんですよね。

しばらくして、初めて彼女のご両親にお会いしたのですが、ずいぶん再婚について気にしているなぁ、という印象を持ちました。

まぁ、会ったばかりだし、これからかなぁなんて思っていたのですが…その翌日。

MAKO
MAKO
昨日はありがとうね。ご両親はどうだった?

元彼女
元彼女
離婚してすぐ別の女性と付き合う男はロクなもんじゃない、って両親に言われた…

 

…え、待って、なにそれ!?Σ(゚Д゚)

ーーーこれは結構ショッキングな言葉でした。

というのも、そもそも離婚原因は、子供を作るかどうかという人生観の相違だったんです。この件については、彼女にも十分伝えていました

…ていうか、オメー、離婚原因について、根掘り葉掘り聞いてきただろーが(笑)

子供もいないし、慰謝料だって払ってない。元妻との離婚に至るまでも、半年超の別居期間を経て、それでもお互いに考えが変わらなかったので、協議離婚したんですね。

未熟だったかもしれませんが、私なりに良い夫であろうと、精いっぱいの努力をしました。

MAKO
MAKO
だからこそ、離婚後すぐに新しい人生へチャレンジしようと思えたんです。

もし「離婚して」という部分が、「前の恋人と別れて」だったら、たぶん彼女のご両親から何もいわれなかったんじゃないでしょうか?

  • どうして「離婚して」だとロクでもない男になってしまうのか?
  • 今後のお互いの未来を考えてした離婚が、そんなに特殊で悪い事なのか?

私の人生が否定されたような気がして、本当に悲しい気持ちになってしまいました。

それからその女性とは、だんだんと距離が開いていったんです。

公園のベンチで別れ話をする二人

ご両親の意見はおかしいよ、と面と向かって言ったこと。そして、彼女が、ご両親の意見を跳ね返せるほど、精神的に自立できていなかったのも大きかったかな…。

 

別れの日までそれほど時間はかかりませんでした。

MAKO
MAKO
あなたがバツイチで、日本人女性がある程度若い場合、お相手のご両親があなたとの再婚に反対する可能性は考慮しておきましょう。

KEY
KEY
反対理由は理屈じゃなくって、バツイチに娘はやりたくない!という感情が多いカモ…。

MAKO
MAKO
人によると思いますが、団塊世代の方は、まだバツイチへの偏見がある人が多いのかもしれません。

2.バツイチ男が外国人女性とお見合&再婚した話

美しいアジア系女性が微笑んでいる

その後、私はベトナム人女性・中国人女性とのお見合を行いました。

で、バツイチがハンディになったかというと…これまた全然影響ありませんでした(笑)

というより、日本人女性以上にバツイチについて無関心だと思います。

(1)外国人女性には、離婚原因すら聞かれなかった

花飾りを髪につけ、はにかむアジア系女性

日本人以上にバツイチに無関心って、一体どういうことなのでしょうか?

まず、日本人と同じようにバツイチかどうかは、ほとんど影響ありません。国際結婚相談所を利用したお見合いだったのですが、お見合を断られることがほとんどありませんでしたので。また、実際にお会いしても、バツイチが話題に上がることはなかったんですよ。

…そうなんです。

バツイチであることが、そもそも話題にならないんです。

つまり、「どうして離婚したのか?」という離婚原因さえも、外国人女性からはほとんど尋ねられなかったということなんですよね。

MAKO
MAKO
バツイチになった理由すら気にしない部分は、日本人女性と大きく違うところですね。

(2)外国人女性がバツイチ&離婚原因を気にしない理由

バツイチで子持ちの人は再婚できる?

それでは、なぜ外国人女性は、バツイチである事実と、バツイチになった原因について、あまり触れないのでしょうか?

これは、外国人女性の優先順位付けに理由があります。

多くの外国人女性は、結婚に関して非常に現実的な姿勢で臨みます。

日本人のように「会ってみていい人だったら結婚しよう!」という姿勢の人は少ないんですね。「この人と結婚したら、どんな未来になるのか?」というを徹底的に見極めようとする人が圧倒的に多い。つまり、結婚後の生活像を、具体的にイメージしたがっているのです。

MAKO
MAKO
日本人のように会って印象を確かめよう!という「とりあえず感」はほとんどありません。

ですから、外国人女性とお見合いをすると、必然的に「将来どうしたいのか?」という話題が多くなります。

  • 将来はどんなキャリアプランを描いているのか?
  • 結婚後はどこに住みたいのか?子供はどうするのか? など

ほとんど過去のことは話題に上がらないんですね。あなたがバツイチであること、そして、あなたがバツイチになった経緯については、それほど重要なポイントではないということです。

KEY
KEY
今のあなたと結婚したら、どんな未来になるのか?ここを重視していますヨ♪

もちろん、お付き合いしていく中で、離婚の原因について聞かれることはあるでしょう。ただそれは、あなたという人物を知るためであって、あなたの過去のトラブルについて知りたい訳ではありません。あなたに非があったかどうか?という点には、フォーカスしていないんですね。

 

ここまでの内容をまとめると、外国人女性は「結婚生活に直結する要素」以外は、あまり気にしないということです。

これは、裏を返すと「結婚生活に直結する要素」については、メチャクチャ気にするということでもあります。

外国人女性は、次のようなポイントについては、シビアな傾向がありますよ!

  • 仕事(将来のキャリアプラン含む)
  • 年収
  • 居住区・居住環境
  • 子どもに関して

この点について、次のブロックで説明いたしますね。

(3)外国人女性が再婚相手として躊躇するケース

バツイチで子持ちの人は再婚できる?

さて、外国人女性は新婚生活へダイレクトに影響を及ぼす内容には、こだわりを見せます。

たとえばお仕事や年収ですね。

第一次産業は、都会の生活に慣れてしまった日本人女性からは不人気です。外国人も同じで、都会での生活を望む人へのアプローチはむずかしいでしょう。

年収も最低限があれば問題ありませんが、外国人女性が嫌うのは「先が見えない」ことです。著しく年収が低かったり、年収が安定しなかったり、倒産リスクがある零細企業へ勤めていたりするケースなどですね。自営業も好まれません。

居住環境についても、重視されます。

たとえば、両親との同居するかどうかは、新婚生活への影響がとても大きいですよね。外国人女性は、日本人男性の両親との同居は、嫌がるケースが多いですね。

また、子持ちの再婚も気にするケースが多いです。子連れでの再婚は、新しい生活の形というより、家族の形そのものに影響を与えますからね。

MAKO
MAKO
とはいうものの、欧米圏では離婚が当たり前で、子連れ再婚も珍しくありません。子持ちを気にしない女性も、欧米圏出身の方の中には多くいると思います。

◆結婚条件に関する日本人女性と外国人女性の違い

観光地で楽しく過ごす日本人カップル

外国人女性は、かなりシビアに結婚条件を見てくるとお伝えしました。

じゃあ、日本人女性はどうなんでしょうか?

日本人女性は、あまり結婚条件にはこだわっていない人が多いです。

 

「いやいや、ネットとか見ると年収700万以上とか、条件厳しいよ?」

…はい、たしかに結婚条件から男性を見ることは間違いありません。でも、それって最初だけだし、絶対的なものではないんですよね。

個人的な感覚になりますが、見た目がいいとか、フィーリングが合うとか、日本人女性は「気持ち」のほうを重視する人が多い気がします。年収300万円でも、印象が良ければチャンスがあるわけです。

だから、離婚の理由をしっかり聞いて、気持ち的に納得したいんですよね。納得して、愛情が芽生えれば、年収や年齢などの条件はほとんど問題にならなくなります。

MAKO
MAKO
日本人女性は、会うまでのハードルが高い傾向があるんですね。

KEY
KEY
逆に外国人女性は、会ってから付き合うまでのハードルが高い人が多いデス♪

(4)国際結婚については、自分の両親から反対された!

バツイチで子持ちの人は再婚できる?

日本人女性との再婚時には、お相手のご両親から反対されてしまいました。

では、外国人女性の再婚の時には、どうだったのでしょうか?

外国人は日本よりも子供の考え方を尊重する人が多いようです。相手のご家族からは、まったく反対されることはありませんでした。

しかし!

今度は私の両親が、国際結婚に反対したんですよね。。。

恐らく国際結婚については、私の両親だけでなく、多くの日本人の親は反対すると思います。興味がある方は、こちらの記事もお読みください。

3.バツイチの理由は、再婚相手に説明するべき?

ソファで対面して真剣な会話をするカップル
MAKO
MAKO
はい。相手が聞いてこようがこまいが、自分を知ってもらう意図でお伝えするべきですよ!

 

離婚はかならず自分にも元パートナーにも、どちらの側にも悪いところがあったはずです。これを包み隠さず話すことで、あなたに対する信頼感は増すはずですよ。お相手にも安心してもらえるでしょう。

悪いところはしっかりと反省していることを伝えましょう。元パートナーに理解してもらえなかったことを、次の結婚では理解してもらいたいことを伝えましょう。

バツイチであることは、恥ずかしいことでも何でもありません。あなたの人生における、大きな経験です。けっして胸を張れるようなことではないけれど、本当の幸せをつかむために必要なことだったのです。

それをわかってもらえる相手を、新しいパートナーとするべきですし、そのためには、あなたがしてきた経験を積極的に話すべきでしょう。

 


 

↓↓再婚者を希望する人のためのマッチングアプリです!↓↓

マリッシュ

「再婚者って、どういう目で見られるんだろう…?」

ここまで私の体験談をお話してきましたが、それでも不安は尽きないと思います。

そんな方は、再婚者を応援するマッチングアプリ「marrish(マリッシュ)」を試してみてはいかがでしょうか?

現在、婚活市場には数多くのマッチングアプリが出回っていますが、その中で「再婚者のため」と謳っているのは、この「marrish(マリッシュ)」だけなんです!

ある意味、再婚者の再婚活に特化したマッチングアプリなので、登録している会員も、バツイチの方が多くなっていますが、初婚の方も多く登録しています。

再婚者としての見られ方を感じるには、もってこいのマッチングアプリだと思います。

<marrishの特徴>

 再婚者が多い。

 30~40代の男女が多い。

 

 プロフィールにアプリの利用目的を入力します(「友達・恋人・結婚相手」募集)。なので、相手のアプリ利用目的が分かりやすく、マッチングしやすいです。

 バツイチ、シンママ(シングルマザー)、シンパパはポイントの優遇などのキャンペーンも!

 なんと!女性は無料です!

 男性も登録は無料。会員の検索や、プロフィールの閲覧は可能です。また、毎日無料ポイントももらえます。メッセージのやり取り等は有料。

 

 
アプリ版はこちらからダウンロードできますよ。
マリッシュ-婚活・再婚 マッチングアプリ-marrish

マリッシュ-婚活・再婚 マッチングアプリ-marrish

株式会社マリッシュ無料

 

4.バツイチ子連れの再婚は、国際結婚も選択肢に?

バツイチで子持ちの人は再婚できる?

ここまでの内容を読んで、「再婚するなら国際結婚もアリかなぁ?」と考える人も多いかも知れません。

特に子持ちであったり、少し年齢が高かったりする人は、外国人との結婚に魅力を感じるのではないでしょうか?

バツイチ子持ちで、さらに高齢となると、日本人は嫌がる人も多いですからね。

逆に外国人なら、高齢&バツイチ子持ちであっても、そこまで気にしない人を見つけることもできると思います。

そういう意味で、外国人との国際結婚を目指すのも、一つの選択肢と言えると思います。

 

ただし、国際結婚には国際結婚の苦労もあります。

軽い気持ちで国際結婚をしてしまうと、将来的に後悔することになりかねません。

国際結婚をしたいと考えたのならば、国際結婚に対する覚悟はシッカリと持っておく必要があります。

MAKO
MAKO
国際結婚に関するいろいろな知識も身につけましょうね!

 

ちなみに、先ほどご紹介したmarrish(マリッシュ)ですが、外国人も登録していますよ。

プロフィール検索の絞り込み条件の中に、「出身地」の項目があり、なんと国籍別にお相手を探すことができるんです!

中国人女性やベトナム人女性は、かなりの人数が登録されていました。

マリッシュ

アプリ版はこちらからダウンロードできますよ。
マリッシュ-婚活・再婚 マッチングアプリ-marrish

マリッシュ-婚活・再婚 マッチングアプリ-marrish

株式会社マリッシュ無料

バツイチ/再婚に対する外国人の見方 ~まとめ~

夕焼けの海岸で手をつなぐカップルのシルエット

いかがでしたか?

今回は、日本人女性と外国人女性のバツイチに対する捉え方の違いをまとめてみました。

バツイチそのものについては、日本人も外国人も気にしないことが多いです。

ただ両者には異なる点もあって、日本人はバツイチになった理由にこだわりますが、外国人は再婚しても問題ない理由にこだわるんでしたね。

また、再婚するときに反対される可能性がありますので、再婚を意識した時点で覚悟しておく必要があるでしょう。

 

バツイチは誇れることではありませんが、恥ずかしいことでもありません。

自信をもって、積極的に恋愛を楽しんでください。

あせらなくても、そのうち良いパートナーが見つかるはずですよ!

 

今回も、最後までお読みいただき、ありがとうございました!

こちらの記事も読まれています