偽装 / ビザ目的結婚

外国人が欲しがる、配偶者ビザの2つのメリット!【ビザ目的結婚】

指に人差し指を当てて、しーっとやる女性

ビザ目的の結婚ってよく聞くけど、それって何?

 

国際結婚をする上で、ビザ目的の結婚については、かならず知っておく必要があります。

ビザ目的の結婚とは、配偶者ビザの取得と、その後の永住ビザの取得を目的とした国際結婚をいいます。

簡単にいえば、配偶者ビザを取得することで、外国人配偶者大きなメリットが2つほどあるからなのですが、これは後で詳しく解説していきます。

そもそも配偶者ビザって、どういうものなの?

ビザ目的の結婚ってよく聞くけど、何が目的なんだろ?

この記事では、なぜ外国人が配偶者ビザを欲しがるのかについて、解説していきますよ。

 

配偶者ビザ(=結婚ビザ)の正式な名前は、日本人の配偶者等です。

日本人の配偶者等は、日本人と結婚した人とその子供に与えられる在留資格(ビザ)です。

 

在留期間は6月、1年、3年、5年のいずれかが付与されます。

一般的には、最初に1年が付与され、更新時に問題なければ、3年が新たに付与されます。

 

日配とも呼ばれる在留資格ですが、これを欲しがる外国人女性は後を絶ちません。

しばしば、ビザ目当ての結婚も行われ、男性がその被害を訴えるケースも目につきます。

 

国際結婚を考える方は、これを読めばご自身が被害者になるリスクを軽減できます!

 

それでは、なぜ、一部の外国人女性は、配偶者ビザを欲しがるのか?

配偶者ビザを取得することによる2つのメリットとは何か?

その内容を説明していきましょう。

メリット1 就業の制限がほぼない

(1)どんな職業にも就くことができる

外国人が日本に滞在するためには、在留資格(ビザ)が必要です。

外国人は、ビザに記された活動以外を日本で行うことができません。

 

特に就労に関する制約は強く、職種の制約や、労働時間の制限などがあるのです。

 

この職種という部分ですが、通常のビザでは、風俗営業は一切認められていません。

ここでいう風俗営業とは、風俗営業法第2条に規定するものをいいます。

 

ちょっと意外なところでは、パチンコ店員なども禁止されています。

配偶者ビザの最大のメリットは、就労制限がないこと、特に風俗営業ができる点です。

発展途上国の女性からすると、母国の家族を養ったり、貧困から脱出するためには、先進国である日本で働くことは、とても魅力的なんです。

特に風俗営業は、短時間でまとまったお金を稼げますから、多くの方が興味を持つわけです。

日本は世界第三位の経済大国です。

実感はないかもしれませんが、発展途上国の国の方からすれば、まだまだ日本は稼げる国なのです。

そのように見られている点を、国際結婚する方は意識する必要があります。

(2)独立起業のハードルが低い

また、ある程度お金が手に入った後も、配偶者ビザはその力を発揮します。

通常、独立起業するためには、「経営・管理ビザ」が必要です。

ただ、このビザは、取得の要件が結構厳しいんですね。

ところが、配偶者ビザは、就労の制限がありませんので、なんと起業できてしまうんです!

普通に日本人が起業するのと、ほとんど同じ条件ですよ。

これも、配偶者ビザを取得する大きなメリットですね。

 

こうやってみると、配偶者ビザがとても魅力的なのが、お分かりいただけますよね。

日本で仕事をしてお金を稼ぎたいなら、配偶者ビザに限る!と考えられているんです。

 

メリット2 永住ビザに移行しやすい

永住ビザは、配偶者ビザの上位互換といって、問題ない在留資格です。

 

しかし、永住ビザは来日してすぐには申請することができません。

永住ビザの対象は、日本にある程度の期間、居住してきた外国人なのです。

 

永住ビザを取得するためには、原則として、日本に10年以上住む必要があります。

10年、ときくと、ずいぶん長い期間だと思いますよね?

 

しかし、日本人と結婚することで、この期間がなんと3年に短縮されるのです!

厳密にいうと、日本人の配偶者等を取得している必要はありません。

日本人と結婚していれば、永住の要件は3年に短縮されます。

 

永住ビザがどれだけ優れものかは、こちらの記事で紹介しています。

日本の永住ビザって? 永住権の取得が絶対オススメな5つの理由!この記事では、日本の永住権・永住ビザについて解説しています。永住ビザを取得することは、基本的にはメリットしかありません。取得するメリットを、5つの観点から解説します。また、永住ビザを喪失してしまうケースについても、触れています。永住権の取得に興味がある方は、ぜひ一度お読みください。...

 

…しかし、10年が3年に短縮というのは、やっぱりすごいですよね。

これも、配偶者ビザのメリットといえるでしょう。

 

配偶者ビザのデメリット

配偶者ビザ最大のデメリットは、日本人配偶者と別れると、ビザの効力が切れることです。

この場合には、別のビザに切り替えるか、帰国をしなければならなくなります。

 

また、素行に問題があったりすると、在留期限の延長が許可されない場合があります。

この場合には、一定の出国準備期間を経て、帰国しなければなりません。

 

 

日本に働きに来た人にとって、このような事態は絶対に避けるべき事態です。

そこでどうするのかというと、最短期間で永住ビザへの切り替えを狙うんです。

 

永住ビザに切り替えれば、日本人配偶者との離別があっても問題ありません。

 

そして、在留期限は無期限ですから、延長手続きすらなくなります。

 

他にも、配偶者ビザより様々な点で優遇されます。

 

ん? 日本人配偶者との離別があってもーーー問題ない、だと?

 

そうです。そうなんです。

これがいわゆるビザ問題の行きつく先なんです。

 

もちろん、日本に来てすぐに失踪する花嫁さんも、一定数いますよ。

でも、永住許可と同時に離婚されることも、十分に考えられるのです。

 

よほど出逢いの段階で気を付けていなければ、これは防げないと思います。

特にお見合で国際結婚をしようとする方は、最大限の警戒をしてください!

 

 

まとめ

この記事のまとめ

発展途上国の女性からは、とても魅力的な配偶者ビザ!

  • 就労制限がない(風俗営業、独立起業)
  • 永住要件の緩和

本当に怖いのは、永住取得後の離婚

 

国の経済はだいぶ発展したと、人づてに聞いた。

 

たしかに学校もできたし、バスも通るようになった。

道も随分と舗装されたように思う。

でも、学校に通えるのだって、自由にバスに乗れるのだって、ごく限られた一部の人たちだけだ。

ましてや母子家庭で、しかも兄弟が5人もいる私のような家庭には関係がない。

父は5年前に、過労がたたって亡くなった。

まもなく母も体調を崩してしまい、いまだに療養中だ。

私は長女だから、弟や妹の面倒は、私が見なければならない。

 

正直、学校に行ける同級生をうらやましく思うことだってある。

勉強が嫌いなわけではない。

むしろ、新しい知識を習熟していくことは、向いているとさえ思っていた。

 

でも、私は今、学校に行く時間を、農作業にあてている。

農作業が終わったら、夕方からレストランで給仕の仕事が待っている。

「いつもたくさん働いて偉いねぇ」

レストランに向かう途中、仕事帰りの近所のおばさんに声をかけられた。

 

私は、声をかけてくれたおばさんに顔を向けて、頭を下げた。

ちゃんと、笑えたかな?

正直、うまく笑えた自信はなかった。

 

上手く笑えてなくて、嫌な気分にさせたらごめんなさい。

…でも、仕方がないじゃない?

だれも、助けて、くれないんだからーーー

 

…仕事、居住の面でものすごく大きなメリットがある配偶者ビザ。

日本人と結婚さえすれば取得できると聞いたら、この子はどうするでしょうか?

 

今回も、最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

https://kokusaikekkon7.com/nrecom_local/

国際結婚におけるビザ目的の結婚とは!?騙されやすい方は必見!【偽装結婚②】国際結婚したいけど、騙さそうで怖い!外国人の中には、日本のビザを目的としている人も一定数います。配偶者ビザ、永住ビザを目的とした結婚がどのようなものなのかを知らなければ、いつの間にかあなた自身が被害者になってしまいかねません。この記事では、ビザ目的の結婚とはどういうものかについて、丁寧に解説しています。...