疑問 / 問題

私が国際結婚したら、住む国や場所はどこになるの?日本、それとも海外?

国際結婚した後、どこの国・どこの場所に住むのか?
国際結婚後に住む国を知りたい女性
国際結婚後に住む国を知りたい女性
国際結婚したら、住む国や場所はどうなるんだろう?

この記事では、国際結婚した後、どの国で生活するのかを解説します。そんなこと考えたことない、という人にも、日本or海外で生活したい、という考えがある人にも、参考にしていただける内容です。

 

国際結婚して住む国や場所はどこになるの

国際結婚後、一体どこの国で生活することになるのかって、気になりますよね?

国際結婚後に住む国を知りたい女性
国際結婚後に住む国を知りたい女性
え~? 当然日本に住むんじゃないの?

 

いえいえ、決してそんなことはないんですよ。海外で新婚生活を送る可能性も、十分にあり得るんです。

国際結婚後に住む国や場所としては、3つのパターンがありますよ。

  1. 国際結婚後も日本に住むというパターン
  2. 外国人パートナーの国に住むというパターン
  3. 国際結婚を機に第三国へ移住するというパターン

 

国際結婚後に住む国を知りたい女性
国際結婚後に住む国を知りたい女性
国際結婚したら、この3つのパターンの中から、住む場所を自由にえらぶことができるのかしら?

…いいえ。残念ながら、必ずしもそうとは限りません。

あなたの希望が叶うこともありますが、パートナーの状況や考え方によって、希望どおりにいかないケースも多いんです。

 

国際結婚後に住む国は、以下の要因によって、ある程度決まってしまいますよ

  • 外国人パートナーと知り合った場所・方法
  • お互いの生活基盤や生活環境 

この記事を読めば、あなたとパートナーの状況によって、国際結婚後にどの国で生活する可能性が高いのかが、理解できるようになりますよ!

KEY
KEY
ぜひ、最後までお付き合いくださいネ♪

パターン1.国際結婚後に住む国が日本になる

国際結婚した後、どこの国・どこの場所に住むのか?国際結婚後、日本に住むケース

国際結婚をした後、住む国が日本になるケースは、比較的多いでしょう。

MAKO
MAKO
日本人にとっては、環境の変化が少ないので、一番負担がかからないパターンですね。
KEY
KEY
ただ、外国人パートナーは、状況によりますが、負担になってしまうこともあるみたいデスネ

国際結婚後、住む国が日本になるのは、次のようなパターンのカップルが多いです。

  • 日本人男性×外国人女性という国際結婚カップル
  • 外国人が日本にある企業に勤めて生計を立てている

 

(1)日本人男性×外国人女性のケース

国際結婚した後、どこの国・どこの場所に住むのか?日本人男性と、外国人女性の国際結婚は、日本に住むケースが多い

日本人男性がビジネスマンの場合、住む国は日本になりやすいです。

安定を捨てて海外に出る、という選択肢は取りづらいですからね。国際結婚後も日本で生活を続けたいと考える人が、圧倒的に多くなるんです。

 

また、外国人女性と知り合った場所が日本国内であれば、国際結婚後に住む国が日本になる確率がさらに上がりますよ。

この場合、外国人女性の生活基盤は、日本であるケースが多いですよね?

だから、国際結婚後に住む国が日本であっても、それほど負担にはならないのです。むしろ、他の国で住むことの方が、負担になるかも!?

「男性が働いて稼ぐ」「だから日本に住む」という感覚も、理解して貰いやすいでしょう。

MAKO
MAKO
このケースは、日本での国際結婚生活について、暗黙の了解のように決まってしまうことが多いと思います。

 

ただし、海外留学など、国外で外国人女性と知り合った場合には、話が別です。

この場合には、外国人女性の生活基盤が日本にありません。

日本の独特な感覚も理解して貰いづらいですし、日本語が話せないことも多いでしょう。

住む国が日本になるなら、彼女にとっては海外移住です。かなり大きな負担や決断を迫ることになりますよ。

国際結婚後にどこの国に住むのかは、ケースバイケースになりますね。

国際結婚後に住む国を知りたい女性
国際結婚後に住む国を知りたい女性
住む国がどこになるのかは、出会う場所もポイントになるのね。

(2)外国人が日本にある企業に勤めているケース

国際結婚した後、どこの国・どこの場所に住むのか?日本で働く外国人と国際結婚したら、当面は日本に住むケースが多い

外国人パートナーが、日本にある企業(外資系企業も含みます)で働いているケースは、国際結婚後に住む国は日本になるでしょう。

あなたも外国人パートナーも、おたがい日本に生活基盤がありますからね。

 

ただ、この場合には、気をつけなければならないことがあります。

それは、将来的に住む国が海外に移る可能性が高いということです。

勤務先の企業が外国人パートナーの母国で、新規プロジェクを立ち上げるような場合、外国語が話せるという理由で、あなたのパートナーが現地リーダーを任されることがあります。

また、外資系企業に勤めている場合には、日本駐在が一時的ということも多いです。

  • 現地プロジェクト立ち上げのため、海外転勤になる可能性?
  • 一時的に日本に駐在しているという可能性?

日本で働く外国人と国際結婚するなら、将来的に海外に移住する覚悟が必要ですよ!

結婚する前に、パートナーの方とよくお話をされたほうが良いでしょう。

 

英会話スクールなどで語学講師を務める外国人も同じです。

語学教師は、一時的に日本で仕事をしているだけ、という外国人も多いんです。

お付き合いされるのであれば、普段から将来のことについて話し合っておきましょうね!

国際結婚後に住む国を知りたい女性
国際結婚後に住む国を知りたい女性
結婚当初だけじゃなくって、将来どこに住むことになるのか?も考えなきゃいけないってことね。

 

国際結婚における海外移住は、国際結婚するメリットの1つです。

しかし、予期せぬ海外移住は、デメリットでもあります。

特にお相手の国の言語が話せない、という場合や、どんな国なのかもよくわからない、という場合には注意が必要ですよ。

移住先の環境に慣れずに、ストレスを一人で抱え込む、なんてことになりかねません。

最悪、夫婦生活が破綻するというリスクもありますから、きちんとお話をしておきましょうね!

MAKO
MAKO
海外移住に備えて、パートナーの母国語を勉強しておくことは大切です。

パターン2.国際結婚後に住む国が、外国人の母国になる

国際結婚した後、どこの国・どこの場所に住むのか?国際結婚後、外国人配偶者の国に住むケース

国際結婚をした後、住む国が外国人パートナーの母国になることもあります。

あなたにとっては、海外移住ですね。

 

住む国が外国人パートナーの母国になるのは、次のようなケースが多いです。

  • パートナーの出身国でパートナーと出会った
  • 日本人男性×外国人女性という国際結婚カップル
MAKO
MAKO
国際結婚後に、海外へ移住するパターンは、ストレスを感じるケースもあります。
KEY
KEY
このパターンに該当する場合には、パートナーの人とたくさん話し合いましょうネ。

(1)パートナーとの出会いが、パートナーの国だった

国際結婚した後、どこの国・どこの場所に住むのか?パートナーの国で出会った場合、国際結婚後も海外に住むことが多い

外国人パートナーとその母国で出会った場合には、結婚後に住む国もパートナーの国になる可能性が高いです。

例えばあなたが海外留学や、ワーキングホリデーで海外滞在中に、パートナーと知り合ったようなケースですね。

 

あなたのパートナーは、それまでごく普通に、自分の国で生活してきました。

あなたと知り合う前は、日本で生活するという発想すらなかった人がほとんどです。

お互いの希望を話し合うことは大切ですが、結果的には、住む国がパートナーの国になることが多くなると思います。

国際結婚後に住む国を知りたい女性
国際結婚後に住む国を知りたい女性
日本人女性は、海外留学をきっかけに国際結婚して、そのまま海外に住む人が多い、って聞いたことがあるなぁ。

他にも、マッチングアプリを使って、海外在住の外国人と国際結婚することになった場合も、このケースに該当しますよ。

(2)日本人女性×外国人男性のケース

国際結婚した後、どこの国・どこの場所に住むのか?日本人女性と、外国人男性の国際結婚は、海外に住むケースが多い

日本人女性と外国人男性の国際結婚カップルは、新婚生活後に住む国が、外国人男性の母国になる可能性が高いです。

 

ちょっと話はそれますが、ここまで見てきたいくつかのパターンがありましたよね。そこから、国際結婚後に住む国が、どのように決まるのか、見えてこないでしょうか?

  1. お金を稼ぐ基盤がある国はどちらか
  2. お互いに共通の言語を話せる国はどちらか
  3. お互いが生活習慣や文化を理解できている国はどちらか

これらの要素がポイントとなり、国際結婚後に住む国は決まっていくのです。

 

ただ、日本人女性と外国人男性のケースは、ちょっと特殊なんですよね。

なんだかんだと、外国人男性の母国に住むことが多くなるんですよ。

ちょっといくつかのパターンをご紹介しますね!

  1. 外国人の母国で知り合った ☞先程のパターン=海外移住です
  2. 日本で知り合った ☞彼の日本語スキルが低いと、海外移住の可能性
  3. マザコンの気がある ☞海外移住の可能性

国際結婚した後、どこの国・どこの場所に住むのか?外国人男性が日本人女性に頼る心苦しさから、海外に住むこともある

②ですが、なるべくあなたに負担をかけたくない、という理由です。

 

日本で生活する場合、どうしても日本人のあなたに頼らざるを得ませんよね。

 

精神的にそれがつらいので、母国で生活したいという外国人男性が多いのです。

③については……まぁ、男性は基本的に、マザーコンプレックスですから(笑)

どうしても、母親の近くで生活したいという人が、多くなりますよね。

国際結婚後に住む国を知りたい女性
国際結婚後に住む国を知りたい女性
これは国際結婚に限らないお話ね。

 

さて、海外移住の際に問題となるのは、あなたの気持ちやスキルです。

先ほどの3つの要素に照らして、外国人男性の母国に住んでいけそうでしょうか?

外国語は話せない、不安もいっぱい…そんな中で無理をすると、早々に国際結婚生活が破綻するリスクもあります。

日本人女性の方は、シッカリと結婚前に話し合っておくことが重要ですね。

パターン3.国際結婚後に住む国が、第三国になる

国際結婚した後、どこの国・どこの場所に住むのか?国際結婚後は思い切って第三国に住むという選択肢もある

国際結婚後、住む国が第三国になるということも、可能性としてはあるでしょう…かなりレアケースですが。

 

国際結婚後に住む国が第三国になるケースは、結婚当事者が望んで移住しない限りは、ほとんどあり得ません。

つまり、あなたとパートナーのお話し合いの結果、住む国が第三国になるケースもあるということですね。

 

第三国への移住は、生活基盤を第三国に移しても生活に支障が生じないだけの、相当な経済力が求められます。貯蓄もそうですし、継続的な収入という点でもそうですね。

MAKO
MAKO
収入・言語・文化という3要素のうち、言語・文化という面についても、十分に検討する必要がありますよ。
KEY
KEY
さらに、ビザの問題も絡んできますので、よりハードルは高くなりマスネ

国際結婚した後、どこの国・どこの場所に住むのか?新卒後に海外に移住するのとはわけが違う。

じつは近年、日本の大学を卒業して、そのまま外国で働く、という新卒の人が増えています。

 

この様な話を聞くと、「意外と知らない土地でも、うまく生活できるんだね!」と、感じる人もいるかもしれません。

しかし、こんな大胆な行動は、一人だからこそできることです。

結婚をするのに同じリスクを背負えるかと言えば、大変厳しいといわざるを得ません。

もちろん、国際結婚して時間が経ってからなら、可能性は十分あると思いますよ。

でも、結婚当初の第三国への移住は、現実味は薄いし、リスクも大きいと思います。

もしも、パートナーの方が結婚したら第三国に住む、なんて言いだしたら、全力でストップさせましょうね!

国際結婚後に住む国を知りたい女性
国際結婚後に住む国を知りたい女性
将来的に、見知らぬ土地へ移住する!ってことを目標にすれば、もっと仕事を頑張れるかもしれないなぁ(笑)

国際結婚後、住む国や場所はどこになる?~まとめ~

国際結婚した後、どこの国・どこの場所に住むのか?国際結婚後住む場所のまとめ

いかがでしたか?

今回は、「国際結婚後にどこへ住むことになるのか?」について、ご紹介しました。

状況によって、住む国や場所が変わることが、ご理解いただけたのではないでしょうか?

 

ただ、今回の記事でご紹介した内容は、あくまでも「傾向」にすぎません。

この通りになることもあれば、ならないこともあるでしょう。

一番大切なことは、パートナーの方と、将来どこの国で過ごすことになるのかを、真剣に話し合うことだと思います。

  • あなたは国際結婚後、どこの国に住むことを希望するのか?
  • また、それはなぜなのか?

今回の記事が、それを考えるきっかけになれれば幸いです。

今回も、最後までお読みいただき、ありがとうございました!

こちらの記事も読まれています