疑問 / 問題

国際結婚の7つのメリットとは?国際結婚すると人生が激変しますよ!

日本人同士の結婚に比べて、何かと苦労が多い国際結婚…

でも、国際結婚でしか味わえない良いことだって多いんですよ!

MAKO
MAKO
私は国際結婚をして、良い方向に人生が激変しました。

 

どうしても国際結婚って、最初のハードルが高いんですよね。興味はあっても、どこか怖さを感じて二の足を踏んじゃう。

こちらに向かって微笑みかける日本人女性

ええ~、国際結婚?興味はあるけど、ちょっと怖いかな?

疑問を投げかけてくる日本人男性

日本人同士の結婚と、違う部分はどんなところなの?

MAKO
MAKO
国際結婚は怖いけど、ちょっと興味があるよ!という人に、「すごく興味を持ってもらう」のがこの記事の趣旨です(笑

というのは、半分本気で、もう半分は冗談です。

 

私は日本人と離婚をしたのち、中国人の現妻と再婚したんですが、この経験を通じて感じたことが2つあります。

  • 向き不向きはあるが、国際結婚は素晴らしい選択肢の一つ
  • 怖さで何も調べないまま、選択肢から外されてしまうのはもったいない!

じつは、私も国際結婚に興味はありながら、どこか本気の選択肢としては捉えていない時期があったんです。

MAKO
MAKO
原因は怖さや不安が先立ってしまい、自分が当事者になるのが想像できなかったことですね。

しかし、私は今、国際結婚をして幸せに生活しています。

どうやって、その怖さを払しょくして、国際結婚するに至ったのか?気になりませんか?

私は、国際結婚をしたという方の声を、とにかくたくさん調べました!

たくさんの声を聴くうちに、不安が徐々にやわらいでいったんです。

MAKO
MAKO
個人的には、たくさんの方の声を、いろいろな角度から聞くことが重要だと思います。
KEY
KEY
やっぱり、よく知らないモノって怖さを感じますヨネ…

 

この記事では、私が国際結婚をしてよかったなぁ、と思うことをつらつら書いていきます。

知ることで、あなたの恐怖が払しょくされ、国際結婚への興味が深まるかもしれません。この意味で、さっきの話は半分本気です。

逆に知ることで、国際結婚を選択肢から外すことができることだって考えられます。だから、さっきの話の半分は冗談です。

MAKO
MAKO
知らないまま、いつの間にか選択肢から外れていた!という状況が、一番もったいないと感じます。

国際結婚に不安がある方、国際結婚を考えている方の参考になれば幸いです。

この記事でお伝えしたいこと

◆ 私自身が感じる国際結婚のメリットをお伝えしていきます

◆ 恐らく私だけではなく、国際結婚したご夫婦も同じように感じることが多いと思います

◆ 国際結婚を判断する一つのきっかけにしてもらえれば幸いです

こんな2人の国際結婚です!

夫:日本人

日本人とのバツイチ。

35歳で離婚して、37歳で再婚。

 

結婚前の海外はハワイとベトナムのみ。

中国語は勉強中…挨拶レベル。。。

中国人の勢いに圧倒される毎日…

妻:中国人

日本人とのバツイチ。

26歳で離婚して、29歳で再婚。

 

30歳で、中国に戻るつもりだった。

日本語と中国語のバイリンガル。

「中国人にしてはおとなしい方デス」

メリット1 国際結婚は、毎日が異文化交流!

MAKO
MAKO
毎日の食事や会話には、お互いの文化がもろにでますね。

もうね、どれ1つをとっても異文化との交流ですよ!

もちろん、楽しいことが多いけど、ドキドキすることも、ちらほら??

食事編

肉まんと小籠包を食べる

最初のころは、おどろきの連続でしたね。

ん?今日もラム肉食べるのか…羊肉多いね。

え、自宅でお店顔負けの小籠包って作れるもんなの!?

おお、麻婆豆腐って、本当はそうやって作るのか!

みたいな感じです。

使ってる包丁とか鍋とか、TVでしか見たことないやつを使ってます!本格的過ぎて笑えてきます(笑

中華包丁

こんなのとか…

中華鍋で調理中

こんなのとか、

小籠包の蒸し器

こんなの!

驚きという点でいうと、私の妻も同じように感じているみたいです。

KEY
KEY
えええぇぇ!生卵を納豆に入れて食べるですカ!?

そんな妻も、今では毎日納豆を食べるようになりましたよ!

もやしのシャキシャキ感も苦手だったようですが、もやしのおひたしを食べてから、もやしが好物になりました!

他にも、お魚のだしが、必須調味料にランクアップしたようです。

 

お互いに刺激を受けて、なんだか前よりも料理を作るのが楽しくなった気がします!

私は中華風の味付けにすることが増え、妻は日本風の料理を作ることが多くなったことは、ちょっとおもしろいなぁ、と感じています。

MAKO
MAKO
食生活を通じた異文化交流は、間違いなく国際結婚してよかったことですね。

会話編

食事もさることながら、会話もなかなか刺激的ですよ。

価値観の異なる話が聞けておもしろい!

友人関係、結婚に対する価値観、金銭感覚、家族観、政治に関する見方…

国が違えば文化が違う、文化が違えば価値観が違う、とは言いますが、ビックリすることが本当に多いですね!

MAKO
MAKO
自分の国ではこうなんだよ、ということが聞けて、すごく新鮮だしおもしろいです。

友人関係とか、家族観とかは、日本で失われた感覚もあり、とても勉強になりますよ。

政治の話はデリケートで困る…

MAKO
MAKO
ただ、個人的に困ってしまったのが、政治のお話ですね。

私は仕事柄、政治のことについてはそれなりに情報を仕入れていますし、自分の考え方も持っています。他の人とディベートするのも大好きです。

できれば妻とも話したいなぁ…

ただ間違いなく、そんな日本人の私の考え方と、中国人妻の考え方は異なるわけですよ。

日中政府間のありかたを見ていれば、お分かり頂けますよね?

 

だいたい一般的な中国人って、政治についてどう思ってるんでしょうか!?

北朝鮮がミサイル発射したら、愚痴の一つも言いたくなりますよね?

 

でもさぁ、中国と北朝鮮は仲がよろしいわけぢゃないですか…

 

う~ん、愚痴っちゃっていいのかなぁ???

もやもやしてるのも性に合わないので、思い切って妻に聞いてみました。

MAKO
MAKO
中国の人って、政治に興味ある人多いの? 中国政治の悪口言われたら、ムカつく?
KEY
KEY
普通の中国人は、あんまり政治に興味ないヨ! なにいっても変わらないし!

とのことです。

我が家のルール

政治の話にかかわらず、ちょっとデリケートな話をするときには、我が家では次のルールに従っていますよ!

  • 相手の国の政治で知りたいことは、聞いても大丈夫。
  • 自分の国と、第三国のことは、何をいっても問題なし。
  • 相手の出身国のことは、悪くいわない。

はっきりと決めたわけではありませんが、夫婦間での不文律になっています。

KEY
KEY
特に、3つ目のルールは、とても大切だと思いマス。

政治の話に限らず、会話していてケンカになることは、まずありませんね。

無意識のうちに、お互いの文化や習慣を尊重しながら、会話できているからだと思います。

MAKO
MAKO
会話をして外国人の本音を知ることができるのは、やっぱり国際結婚ならではのメリットですよね。

マナー編

これは最初、結構もめましたよ……

ウワサには聞いてはいましたが、やっぱり日本人のマナーとはまったく違いました。

  • 外食中に、肘をついて食べる、クチャ音をたてながら食べる。
  • 自分の箸と相手の箸で、食べ物をやりとりする箸渡し。
  • ご飯にお箸を刺して立てる、たて箸。
MAKO
MAKO
この辺りは、ナチュラルにやってましたね(笑

あと、全般的に、店員さんに対する態度が超絶感じ悪い(笑

 

なんか不愛想だし、タメ口だし…

 

声もぼそぼそ聞き取れない、お礼も言わない…

で、私から妻に、ちょっとどうにかしませんか?とお願いをしたわけです。

…もともと、これを妻に言うかどうかも本当に迷いました。

MAKO
MAKO
妻の国の文化を否定することになりかねませんからね。

 

ただ、今後の生活圏が日本であることを踏まえて、以下のように妻へ提案しました。

  • 日本で生活するのならば、日本のマナーに合わせるべきだ。
  • 「中国人だから…」という評価を、妻が他人からされるのは気に食わない。
  • 子供が生まれたら、お母さんの真似をするようになる。
MAKO
MAKO
日本のマナーが宗教的にタブーというなら話は別ですが…。

 

結果は、日本のマナーに合わせてもらうことになりました。

中国の伝統衣装をまとった若い女性

…断っておきますが、私の妻は極めて常識人ですよ。

 

日本人が忘れた優しさや、情の深さなどを誰よりも体現できる素晴らしい人物です。

 

人に対する気づかいも、私なんか比べ物にならないくらい、よくできます。

でも、さっきのようなマナー違反を普通にやってしまうんですよね。

不思議に思って、なんでだろう?と考えたんです。そして、ものすごく当然のことに気が付いたんですよ。

 

日本で生活していると、自分たちのルールやマナーが、当たり前だと思いがちです。

でも、中国では、妻のマナーやルールで問題なく生活できているんです。

マナーの押し付けと感じること

他人への迷惑を考えない行為

ルールやマナーは、自分たちが自分たちのために作った、というだけのものです。

だから、生まれて育った環境や文化が違えば、その数だけルールやマナーがあるんです。

 

でも、自分たちのマナーこそ絶対的なものとして妄信し、そこで思考を停止してしまう。

それは、とても恥ずかしいことなのかもしれないーーー

妻との話し合いが終わったとき、私が強く感じたことです。

MAKO
MAKO
国際結婚をしたメリットの1つは、このような既成概念を壊すブレイクスルーのチャンスがとても多いことです。

メリット2 国際結婚すると国外に家族ができる

MAKO
MAKO
お相手の家族が、日本に生活基盤を持っていない限り、海外に家族ができます!

里帰り=海外旅行みたいなものですから、気分も盛り上がります。

それほど頻繁に海外に行くわけではないので、これはすごくうれしいですね。

 

あと、私の奥さんは中国人なので、家族の広がり方がすごかったです。

KEY
KEY
中国だと、親族は100人以上いるのが当たり前ですヨ!

結婚のお祝い、出産のお祝いなど、毎回新しい親戚を紹介されるんです。

名前も覚えられない人もいますが(すみません!)、みなさんとても親切にしていただけます。家族の輪が広がっていく感覚って、すごく新鮮でした。

 

…お祝いもいっぱいもらえるしね!!

MAKO
MAKO
海外に家族や親戚がいるって、それだけで何だか安心できませんか?

メリット3 政治と人を区別する姿勢が身につく

あなたは、中国という国のことが好きですか?

…私は、中国という国はそれほど好きではありません。

あの政治パフォーマンスを見せられて、好きという人は多くないでしょう。

パフォーマンスかどうかは知りませんが、度が過ぎていると感じてしまうのです。

MAKO
MAKO
イデオロギーの問題ですから、どうしようもないことです。

ただ、私が自信を持っていえるのは、中国という国(政治)は好きじゃなくても、中国の人は好きだとということ。

中国の露天市場

中国の人って、昔の昭和の日本人みたいな人が多いんですよ。

パワフルで、自分勝手で、親切を押し売りしてきて、おせっかいで、妙な自信があって。

昭和生まれの人は、彼らといるとどこか懐かしい気持ちになれるはずです。

MAKO
MAKO
あの図々しさすら、いとおしく感じることがあります。
KEY
KEY
…変わってますネ。

もちろん、中国人と絡んで、嫌な思いをしたことなんてたくさんありますよ。

でも、それをいったら、日本人に囲まれて生活する毎日だって、正直嫌なことだらけです。

国と人は違うもの。

国は人に作られるが、人は国に作られない。

MAKO
MAKO
当たり前のことかも知れませんが、国際結婚を通じてあらためて感じられたことは、私にとって大きな財産です。

メリット4 先入観で人を評価しなくなる

MAKO
MAKO
これは、その人の所属だけで、人を判断しなくなるということです。

 

セグメントをどうするのか、難しいところですが、一番わかりやすいのは国ですね。

無意識のうちに、中国人はこういう性格だ!とか、日本人だからこうあるべきだ!とか、考えてしまっていませんか?

KEY
KEY
いわゆるステレオタイプってやつですネ

先ほどのお話とも被るんですが、日本人でもいい人はいいし、悪い人は悪い。

大勢の人が街を行きかう様子

あたりまえですけど、中国人だって、いい人はいいし、悪い人は悪いです。

政治に染まっている人もいれば、政治に全く興味がない人もいる。

日本に反感をもつ人もいれば、日本をよい手本としてしようとする人もいる。

そこには、いろんなタイプの人がいるわけです。

約14億人ともいわれる人たちを、「中国人」としてカテゴライズして、同一視することこそムリがあるんですね。

 

もちろん、文化や土壌が、人格や知性の形成に寄与していることはまぎれもない事実です。

母集団がまったく無意味という訳ではありませんし、ステレオタイプも「傾向を知る」限りにおいては有効でしょう。

MAKO
MAKO
しかし、ステレオタイプだけをもって相手を決めつけることは、自らの知見の狭さをさらすことに他なりません。

じつは、このあたりの感覚は、日本の社会がとても遅れている部分だと思います。

  • 出身校はどこなのか?によって一生が決められる。
  • 所属している会社がどこなのか?こそが人生のステータス!

私はもともと、日本社会の画一的な権威主義思想が大嫌いでした。

だって、これは人をモノとしてみることと同義だからです。

人を個人として尊重し、その人の価値を見極めるのって、すごく難しいことですよね。

見る人にも相応のレベルが求められますし、手間暇はかかるし時間だってやたらとかかる。

所属している組織や出身している組織だけで評価出来たら、それはとっても楽なんです。

高度経済成長のとき、金太郎あめ教育が有効とされていて、画一的に評価する土壌ができちゃった。

 

終身雇用と年功序列を生み出して、さらにその価値観を浸透させちゃった。

 

経済成長という結果が出るものだから、うまく社員を飼いならせちゃった。

人をモノとしてみる悪しき文化ーーー

本来はバブル崩壊と、グローバル社会形成の段階で、見直すべき価値観でした。何も手を打たなければ、衰退していくのが見えていたわけですから。

でも、それを体系づけるのは面倒くさいんですよね。せっかくの優秀な社員に自我を持たせることになっちゃうんですよね。

だから、そこから逃げたんです。

 

変わらないことが楽だから、目を背けたんです。

 

都合がいいから、その事実から目をそらさせ続けたんです。

そして今、どうなったのか。

人をモノとして評価していたら、人を人として評価する方法を忘れたでござる!

…いやぁ、ほんと笑えないです。

MAKO
MAKO
国や出身、宗教などの先入観で人を判断しなくなったのは、国際結婚した影響が大きいと思います。

メリット5 国際結婚すると価値観が変わる

MAKO
MAKO
これは人によって、影響を受ける価値観がいろいろあると思います。

どの価値観が、どのように変わる、という法則性があるものではありません。

 

ただ、国際結婚をすれば、少なからず影響を受けるポイントはあるはずです。

なぜならあなたが今まで接してきた人とは、おそらく価値観が違う人と生活するからです。

 

もちろん、パートナーと衝突することもあるでしょう。

相手の国の文化で受け入れられないことが、でてくるかもしれません。

悩み、葛藤し、苦しむこともあるはずです。

 

ただ、その中できっと何かが変わるんです。

日本という国や、ご自身のことについて、より深く考えるようになります。

MAKO
MAKO
今までにはなかった目線で、物事を洞察できるようになるはずです。

 

それが、成長かどうかはわかりません。

でも、間違いなく今までとは異なる考え方ができるようになります。

大げさにいえば、価値観が変わったと感じる部分が少なからず出てきます。

 

異文化との交流とは、そういうものだと思います。

MAKO
MAKO
国際結婚をして、本当に良かったーーー

メリット6 国際結婚では、子供の可能性が広がる

MAKO
MAKO
国際結婚をすると、子供に対して様々な可能性を与えてあげることが可能です。これは、国際結婚の大きなメリットでしょう!

子供に国籍選択の自由を与えてあげられる

各国の国籍法がからむので100%ではありませんが、国際結婚をすると多くの場合で子供が重国籍になります。

子供が本に乗って空を飛ぶイメージ

20歳までの間に、どの国籍にするのかを選択する必要がありますが、それまでの間に、子供は自分の意志で自分の国籍を選択できるんです。

もちろん悩むこともあるでしょうし、自身のアイデンティティ確立に苦しんだりするかもしれませんが、子供にとって非常に大きな成長の糧になるはずです。

また、何か不測の事態が起こった時でも、複数の国籍を保有していることはプラスに働くでしょう。

子供にバイリンガルになるチャンスを与えてあげられる

MAKO
MAKO
国際結婚で生まれた子は、教育次第でバイリンガルやトライリンガルに育てることも可能です。
天才少年

言語習得することそのものの困難性もさることながら、習得した言語を維持し続けることも大変難しいのが複数言語教育です。

 

しかし、よりグローバル化が進んでいく中で、言語能力にたけた人材の需要は、今後ますます高まるでしょう。

同時翻訳機の出番も近いですが、人間味ある通訳ニーズがなくなる日は訪れないはずです。

子供が成人した後、ビジネスチャンスが広がること

MAKO
MAKO
子供の将来を考えると、ビジネスの拠点を自由に選択できるチャンスを与えられるという側面もあるでしょう。

私は、自分の努力不足で、日本でのキャリアアップを余儀なくされました。

スーツを着て仕事をこなす外国人の少年

しかし、今にして思うのは、日本という国に縛られることこそが、すでに機会損失であるということ。

 

ビジネスで様々な国の人とお付き合いしていますが、プラットフォームを日本だけでなく、世界中に持つことができるというのは、それだけでチャンスなのです。

子供に理想を押し付けることはよくありませんが、可能性を広げてあげることは大切なことだと思います。

 

MAKO
MAKO
こうしてみると、国際結婚の子供は、選択の自由が多いことがわかりますよね。

もちろん、ハーフだからという理由で、理不尽ないじめにあうかもしれません。

嫌な思いをすることもあると思います。

 

でも、強くたくましく育ってくれた先には、本当の意味での自由が待っているはずです。

これは、何事にも代えがたい価値があると思います。

MAKO
MAKO
だって、今の日本で、本当の意味での自由を得ることは難しいですから。

メリット7 国際結婚すると、家族の選択肢が広がる

MAKO
MAKO
国際結婚は、子供の可能性を広げるだけではありませんよ!家族全員の可能性を広げてくれるんです。

今の時代、一極集中の所有は、リスクヘッジの観点からは健全性に欠けます。

これは、何も投資に限った話ではなく、人生のあらゆるものに言えることです。

  • たとえば、国籍は1つより2つ、2つよりも3つの方が安全です。
  • 他国の永住権も、ないよりかはあったほうが安全性が高いです。
  • 言語も複数言語話せた方が、リスクヘッジになるでしょう。

何も日本から出る、という話ではありません。

ただ、日本での生活がどうしようもなくなった時、逃げ道があるということです。

 

それは、私の仕事のことかもしれません。

妻と母国の家族のことかもしれません。

子供の学校でのことかもしれません。

 

いずれにせよ、日本にしがみつく必要性はないのです。

これは、未来を考えるうえで、とても大きな励みになります。

まとめ

この記事のまとめ

たぶん、あなたの価値観は一変します。

私は、日本人との結婚も経験しました。

私自身は、国際結婚のほうがはるかに魅力的に感じます。

いかがでしたでしょうか?

この記事では、国際結婚をすることによる7つのメリットをお伝えしてきました。

国際結婚ってどうしてもよくわからないから、怖さを感じてしまうんですよね。

でも、よくわからないからという理由で、国際結婚が選択肢から外れてしまうのは、とてももったいないよなぁ。ちゃんと知った上で、判断していただくのがいいと思うんです。

他のサイトでも、国際結婚してよかったというお話は、たくさん紹介されています。

MAKO
MAKO
まずは、いろんなお話を読んで、聞いて、心の不安を取り除いていきましょう!

 

今回も、最後までお読みいただき、ありがとうございました!

こちらの記事も読まれています